Help us understand the problem. What is going on with this article?

ローカル開発環境構築②

今回の内容

  1. 仮想マシン設定
  2. Cybereduckの設定
  3. PHPの設定
  4. 終了の仕方
  5. 学習の再開
  6. Transmit の使い方 ※cyberduckじゃないFTP
  7. hostsファイルを編集する

仮想マシン設定

前回設定した、仮想環境にて、vargentのプラグインのインストール、OSを最新にする。
そして、gitをインストールして、スクリプトをダウンロードする。
基本的に、ターミナルへコピペで完了する。※少し、DLに時間がかかる。

サーバーへログイン。 ※改装の移動必要。
vagrant 

# OSを最新状態にアップデート(時間かかります)
sudo yum -y update

# スクリプトを入手するためのgitをインストール
sudo yum -y install git

# gitを使ってアプリケーション設定用のスクリプトをダウンロード
git clone https://github.com/dotinstallres/centos6.git

# centos6フォルダができるのでそちらに移動
cd centos6

# スクリプトを実行(時間かかります)
./run.sh

# もろもろの設定を反映
exec $SHELL -l

Cyberduckの設定

  • 環境設定で、エディタをデフォルトに設定。
    • atomに設定。
  • プロトコル:SFTP
  • サーバ:192.168.33.10
  • ユーザー名:vagrant
  • パス: vagrant
  • ブックマークの設定: myCentOS_dotinstal

PHPの設定

  • cyberduck のフォルダの中に、新規フォルダ php_lessons を作成
  • その中に、index.phpを作成、エディタで開く。atom. コマンドKでエディタ開く。
index.php
<?php

echo "hello world";
  • ターミナル上で、php_lessonsディレクトリに移動。 > php -S 192.168.33.10:8000
  • webで見れるようになる。

終了の仕方 ※PHP のWEBサーバが立ち上がっている場合

  • ターミナル上で、ctrl+c
  • exit ※仮想マシンのログアウト
  • vagrant suspent ※仮想マシンの停止
  • exit ※ターミナルの終了

学習の再開

仮想マシンの起動
- cd
- cd MyVagrant
- cd MyCentOS
- vagrant up ※仮想マシンの起動
- vagrant ssh ※仮想マシンにログイン

cyber duck の起動
- ブックマークにてログイン
- home / vagrant / に新規フォルダを作成。
- 今回は、ruby_lessonsを作成。
- 新規ファイルを追加。hello.rb
- コマンドKでエディタ起動。

hello.rb
puts "hello"

ターミナル終了

  • ブラウザで実行確認するために、ターミナル上で
  • 階層移動。 cd ruby_lessons
  • ruby hello.rb

trasmitの使いかた

基本的に、cyberduckを使うので、省略。
一応、ドットインストールのURL
https://dotinstall.com/lessons/basic_localdev_mac_v2/38513

hostファイルの編集

  • 開発環境にて、192.168.33.10に任意の名前をつけることができる。らしい。
  • 現状、特に使う必要性がないので、今は省略。
  • etc/hosts の中に 192.168.33.10 xxx.com などとつければ、xxx.com:8000とブラウザに入力すればアクセスできる。
  • 主に、ローカル開発環境下のPC上のみで可能。

今回の学び

  • ローカル開発環境はよく使うので、やり方は何度もつかうことでなれなければいけないと感じた。
  • すぐに忘れてしまう。
  • やっと、rubyの方に勉強が進められる。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away