Mac
Xcode8

Xcode8のlogが邪魔なので、disableしてみた。

More than 1 year has passed since last update.

みんなもう知ってるかもしれないけど、忘れっぽいおいらようの備忘録として。

Xcode8 を普通に使うとlog画面にだーっと、

xxxxx bundleid: xxx.xxx.xxx, enable_level: 0, persist_level: 0, propagate_with_activity: 0
xxxxx xxxx[xx:xx] Created DB, header sequence number = 248
xxxxx xxxx[xx:xx] subsystem: com.apple.UIKit, category: HIDEvents, enable_level: 0, persist_level: 0, default_ttl: 0, info_ttl: 0, debug_ttl: 0, generate_symptoms: 0, enable_oversize: 0, privacy_setting: 0

こんな感じで出るわけです。(便利ではあるのですが、ちょっと情報過多ですね…… )

邪魔

なので、非表示にします。

Xcode の menu から Product > Scheme > Edit Scheme (スキーマをいじるわけです。なのでProject毎にやらないといけません)
Run > Arguments > Environment Variables の下に + して、

OS_ACTIVITY_MODE disable

とします。

CsMl3FpUIAEHbRC.jpg

disabled や no って書く手もあるけど、この辺はlldbの問題なので、こういう
https://github.com/fpillet/NSLogger
のを通して全部記録するのも手。

ご自分に合うように。(ご利用は計画的に