search
LoginSignup
15

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

CensOS6.8にgcsfuseをインストールしてGCSをマウント

概要

Google Cloud StorageをCentOS6.8にマウントする

gcsfuseをインストールする

Configure the gcsfuse repo:

$ sudo tee /etc/yum.repos.d/gcsfuse.repo > /dev/null <<EOF
[gcsfuse]
name=gcsfuse (packages.cloud.google.com)
baseurl=https://packages.cloud.google.com/yum/repos/gcsfuse-el7-x86_64
enabled=1
gpgcheck=1
repo_gpgcheck=1
gpgkey=https://packages.cloud.google.com/yum/doc/yum-key.gpg
       https://packages.cloud.google.com/yum/doc/rpm-package-key.gpg
EOF

Install gcsfuse:

$ sudo yum install gcsfuse

マウントする

GCPへログインする

$ gcloud auth login

プロジェクトを指定する

$ gcloud config set project [プロジェクトID]

バケット作成

バケットを作成していない場合は作成する
$ gsutil mb -c S -l ASIA gs://my_baquet_name

マウントする

$ gcsfuse my_baquet_name /path/to/mount

確認

$ cd /path/to/mount
##5Gのダミーファイルを作成
$ dd if=/dev/zero of=tempfile5G bs=1G count=5
$ ll
-rw-r--r--. 1 admin admin 5.0G Aug  4 06:17 tempfile1G

コンソールでも確認
2016-08-04 15_26_27-baqet03 バケット - My First Project.png

起動時にマウントする

↓fstabに記述する方法がわからなかったのでとりあえず
追記する

/etc/rc.local
su - [実行するユーザ名] -c "gcsfuse my_baquet_name /path/to/mount" 

↑rootで実行されるためsu - [実行するユーザ名]で実行ユーザを指定するようにしている

マウントを外す場合

$ fusermount -u /path/to/mount`

busy状態でアンマウントできない場合-zオプションを加える

$ fusermount -zu /mnt/dirb01/

参考

gcsfuse/docs/installing.md
GoogleCloudPlatform/gcsfuse
まだベータ版品質だと思って使用したほうがよいらしい。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
15