Dart 1.15 リリースノートとこれからのDartの進みなど

More than 3 years have passed since last update.

こんにちは。3月9日に、Dart1.15がリリースされました。

Dart News & Updates: Dart 1.15: Updated Dartium and improved live code analysis

今回の変更点等、簡単にまとめたいと思います。


変更点まとめ


  • Dartiumのバージョンの更新

  • 動的コード解析の質の向上

  • リリース期間の変更

などです。詳しい説明は下を。


1.15変更点


ツール変更


Dartiumのバージョン更新

DartiumのベースとなるChromeのバージョンが、Chrome version 39からChrome version 45 に更新されました。

ですが、DartのBrowser関係のライブラリ(dart:html,dart:svgなど)はまだアップデートされていません。これらのライブラリはいまだにChrome version 39をベースとしています。これからのリリースでアップデートされる予定となっているようです。

Note : また、幾つかの実験的なAPIは、古いライブラリで動かないことがあります。例えば、Element.animateなど。


dartfmt

アノテーションの取り扱いなどが変わったようです。詳しくはこちらをご覧ください。


コアライブラリの変更


dart:async


dart:core


dart:io


言語仕様変更

configuration-specific importsがサポートされました。これに関しての記事はまたあとでまとめます(まとめていただけるともっと嬉しい)。ioとhtmlで同じ様にライブラリのAPIを提供できるようにするものだと思われます。

詳しい内容はCHANGELOGにありますので、確認してみてください。


リリース期間の変更

そもそも今回の1.15は去年の4月ごろに発表されたDart SDK Roadmapには存在しないものでした。

sdk-roadmap.png

本来なら2月に2.0が出るはずだったのですが…

さて、ここでGitHubのsdkレポジトリのmilestoneを確認してみましょう!

スクリーンショット 2016-03-12 23.17.09.png

1.16と1.17が追加されています。なんだよこれ。

上にあるSDK Roadmapはほぼ意味をなくしたと言っていいでしょう。上で紹介したブログの記事に、このような文面がありました。


Historically the Dart SDK has released a new stable release roughly every 2-3 months. The release duration has varied from release to release. Going forward we are going to attempt to ship on a more predictable schedule with a new release of the SDK every six weeks. A release candidate will be made available roughly a week before the final release.


今まで2-3ヶ月毎にリリースしていたDartは、これからは六週間ごとに新しいバージョンをリリースするように試みるつもりでいるようです。

2.0のリリースは当分先、少なくとも6月以降になりそうです。気長に待ちましょう。