Help us understand the problem. What is going on with this article?

`c_CTRL-A`で、指定したパターンにマッチするバッファを削除する

More than 5 years have passed since last update.

c_CTRL-A は、cmdline 中で <C-a> を叩くという意味です。

これを利用することで、入力したパターンにマッチしたバッファを削除することができます。

通常、バッファを削除するための :bdelete 等のコマンドは、bdelete 1 2 3 ...のように、バッファ番号を列挙するか、bdelete a.txt b.txtのようにバッファ名を個別に列挙しなければなりません。

ただ、実際に使っている時によくあるのは、特定の拡張子をバッファリストから削除したい、とか、特定のディレクトリ以下のバッファを削除したい、とか、そういうパターンです。
こういうとき、c_CTRL-Aを活用できます。

拡張子毎(たとえば '*.log`)にまとめてバッファを削除したい場合には、

bd log/*.log

ここまで入力して、<C-a> を押すと、ワイルドカードにマッチした内容に置き換えることができます。

bd log/2015-04-01_001.log log/2015-04-01_002.log ...

:bdelete 自体はワイルドカードによる展開はしませんが、こうすることで、簡単に複数バッファを削除できます。

(もちろん、バッファ番号を憶えているような人には不要ですねー)

sgur
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away