Edited at

LINQPadをQuickRunから利用する

More than 3 years have passed since last update.

LINQPad、便利ですね。

特に、コード辺を入力し、すぐに評価して、結果を確認することができるところがよいです。いちいちVisualStudioで空ソリューションを作るの面倒です。

このLINQPadですが、コマンドラインインタフェースが用意されているので、これを、QuickRunから利用する場合の設定です。

let g:quickrun_config['cs/lprun'] =

\ {
\ 'command': 'C:\Program Files (x86)\LINQPad5\LPRun.exe'
\ , 'cmdopt': '-lang=S'
\ , 'exec': '%c:gs?/?\\? %o %s'
\ , 'tempfile': '%{tempname()}.cs'
\ , 'hook/output_encode/encoding': '&termencoding'
\ , 'hook/sweep/files': ['%S:p:r.exe']
\ }

これで、:QuickRun cs/lprun するか、

let g:quickrun_config.cs = {'type` : 'cs/lprun'}

としておいて、filetype = cs なバッファで、:QuickRun です。