Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@sgr@github

[メモ] NanoPi NEO2 を Armbian で使う

More than 1 year has passed since last update.

2年くらい前に買った NanoPi NEO2 Complete Starter Kit の OS を Buster ベースの Armbian に変えてみました。その際のメモです。

98147422-6E14-45D5-A625-106BFD3151D0.jpeg

MicroSD の作成

https://www.armbian.com/nanopi-neo-2/ より、 "Armbian Buster" をダウンロード。 MicroSD にイメージを書き込みます。

起動

Armbian の SD を NanoPi に挿入し起動します。OLED はまだ使えませんので、NanoPi が取得した IP アドレスを別途調べて、ssh でログインします。root のパスワードは FAQ に記載されています。

初回ログイン時に root のパスワード変更と作業ユーザーについて聞かれるので、適宜設定します。

OS の初期設定

いずれも armbian-config コマンドで設定できます。

  • タイムゾーン
  • ホスト名
  • mDNS (Avahi を有効化)
  • I2C (i2c0 を有効化)

NanoHat OLED を使えるようにする

NEO2 Complete Starter Kit には OLED hat がついていて、ベンダー提供のイメージ だと、OLED に時間や IP アドレス、CPU load を表示できたり、ボタンでシャットダウンさせたりできます。

OLED hat を使えるようにするため、Enable NanoHat-OLED manually に書かれているように、NanoHatOLED をインストールします。

sudo apt install python-setuptools libjpeg-dev
git clone https://github.com/friendlyarm/NanoHatOLED.git
cd NanoHatOLED
sudo -H ./install.sh

再起動して OLED の動作を確認します。ボタンで表示切替やシャットダウンが行えるかどうかも確認します。

29E18EFA-050D-4926-A121-548C2A8CFC0F.jpeg

以上です。

この NanoPi は SoftEther で使うことにしました。
続き です。

3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?