gitconfigで何のエイリアスを設定していたかを確認するエイリアス

  • 5
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

「あれいいな」、「これいいな」とgitconfigにエイリアスをあれこれ設定していくと、「あれ、なんのエイリアス設定していたっけ?」ってなることがたまにあります。
そうなった時に、

less ~/.gitconfig

として見に行くのも手なのですが、せっかくなのでエイリアスを確認するエイリアスを用意します。笑

エイリアスを設定する

.gitconfigを開いて、[alias]の項目に、以下を追加します。

aliases = !git config --get-regexp alias | grep -v aliases | sed 's/^alias.//g' | sed 's/ / = /1' | sort

コマンドラインから追加するばあいは、

globalに設定するばあいは--globalを付け忘れずに!
git config --global alias.aliases "\!git config --get-regexp alias | grep -v aliases | sed 's/^alias.//g' | sed 's/ / = /1 | sort'"

とします。

これで、

git aliases

と入力したときに、

co = checkout
pu = push
st = status -sb

のように表示することができます。
設定しておいても損はないので是非!

ちなみに

output
!git config --get-regexp alias

でもエイリアスの表示としては十分なのですが、

output
alias.co checkout
alias.st status -sb
alias.pu push

といった感じで"alias."が付くのと、どこからが実部分なのか分かりづらいので、若干整形しています。