AWS
VR
Sumerian

Amazon Sumerianでfbxファイルをインポートする

はじめに

  • ここ半年くらい、UnityでVR開発をしています。
  • AWSでもVR開発ができるSumerianが登場したと聞いて、うずうずしてます!
  • Unityでも使っていた3DオブジェクトをSumerianでも使いたいと思い、その方法を備忘録程度にメモっておきます。
  • 細かい説明は省いておりますので悪しからず。

Amazon Sumerianとは?

2018年3月現在、プレビュー期間中

  • つまり、AWSのアカウントを持っていれば無料で使える!
  • これは触ってみなきゃ!

Sumerianを触ってみた

Scene作成

  • SumerianのDashboardを開き、 Create New Scene をクリック。
    sumerian1.png

  • Scene名を入力。ここでは「SampleScene」とします。
    sumerian3.png

  • エディタ画面はこんな感じ。Unityっぽい。
    sumerian4.png

fbxファイルをインポート

  • 今回はボーリングピンのfbxファイルをSumerianにインポートしてみます。
  • エディタの左下にある Assets の枠内に、インポートしたいfbxファイルをドラドラ。そうすると、Assetsの中にfbxファイルが表示される。 sumerian_pin_import.gif
  • インポートされたfbxファイルの中の、Entityマーク(六角形)を中央のScene画面にドラドラ。
    • 私は最初、その上のAsset Packごとドラドラして、上手くインポートができず。詰まりましたw
    • UnityでいうGameObjectが、SumerianではEntityに該当するようです。 sumerian_pin_import2.gif
  • あれ、表示されたのは、真っ黒なボーリングピン。左上の Entities にあるピンEntityをクリックし、Lightをアタッチしましょう。(Light Entityを追加するのでもOK)
    sumerian_pin_light.gif

  • ボーリングピンを表示できました!

Publish

  • エディタ上部にある、SceneからPubulishをクリック。 スクリーンショット 2018-03-30 10.49.31.png
  • Publishをクリック。 sumerian6.png
  • バックアップを取っておいた方が良いですよーみたいなことが書いてあるので、ここはOKをクリック。 sumerian7.png
  • Pubulishに成功すると、ブラウザ上で作成したSceneを見れる。
  • Publishしたものはこちら。

感想

  • インポート自体はとっても簡単!objファイルでもインポートできるそうです。
  • エディタの画面はUnityに似ているので、Unityを使ったことがある人はすんなり使えそうな印象。
  • 後々は、UnityプロジェクトをSumerianにインポートして使えるそうなので楽しみ。
  • そして、もっとSumerianを触りたい欲が出てきた!!!
  • プレビュー期間中に皆さんもぜひSumerianを触ってみて欲しいです!