Go
golang

GoのインストールからHello worldまで

アプリを作ろうという話になり、普段使っているRailsではなくGoで作ってみようとなったので、A Tour of Goを始めました。
そのときのメモです。

Homebrewでインストール

まずはHomebrewを使ってGoインストール。

brew install go

自分の場合はすでにインストールはしてあったので、アップデートをしました。

brew upgrade go

Pathを通す

シェルはfishを使っているので、config.fishにPathを追加します。

config.fish
set -x GOPATH $HOME/go
set -x PATH $PATH /usr/local/opt/go/libexec/bin

config.fishを再読込みするとPathが通っています。

echo $GOPATH

Hello world

任意のディレクトリにhello.goを作成し、Hello world記述していきます。

package main

import (
  "fmt"
)

func main() {
  fmt.Println("Hello world")
}

Goのプログラムはpackageで構成されます。
(構成されるとは??)
プログラムはmainpackageから開始されます。

go run ファイル名で実行できる。

go run hello.go

実行はmainパッケージのmain関数が実行されるので、main packageではじめ、main関数を作成するう必要がある。

終わりに

Goのフレームワークをこのあと調べようと思っているのですが、おすすめや気になっているフレームワークがあったらコメントで教えていただけるとうれしいです。
この記事を流し見しただけですが、モバイルアプリならEchoでも十分かなと思ったり。
いやいや、ルーターの正規表現はあったほうが良いかなと思ったり。。
Top 6 web frameworks for Go as of 2017