[Azure][CentOS][Postfix][SendGrid] Azureに借りたCentOSからメール送信してみる

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

ストーリー

Azureに借りたサーバからメールが来なくなったなぁ?変だなぁ?
と思いながらも放置プレイ。
ふとメールログを見てみたらspamhausからはじかれてるじゃないですか。
解除申請しようとするも、どうもAzureからのメール送信はMicrosoftのポリシーにより弾かれているご様子。

検索すると、こんな記事が。。。
Azure 上にメールサーバー/SMTP サーバーを構築する場合の注意事項

Azure 上の VM から直接 SMTP 等を使ってメール送信することは、Azure プラットフォームとしてサポートをしておりません。

うへー。だからといって、spamhausへ登録しなくても。。。 :disappointed:

そんなわけでSendGridを使うことにしたのでした。

SendGridの導入

毎月25、000通までなら無料で使えるそうです。

Azure Marketplaceから購入します。

参照 → AzureのMarketplaceからSendGridを利用してみる

AzureをMicrosoftソリューションパートナーから導入していたりすると、Marketplaceからは購入できません。。。 :cry:

Postfixの設定

SendGridにきちんとドキュメントが用意されているので、それをなぞります。

参照 → Integrate SendGrid with Postfix

設定ファイルの変更

/etc/postfix/main.cfに以下を追記します。

/etc/postfix/main.cf
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous
smtp_tls_security_level = encrypt
header_size_limit = 4096000
relayhost = [smtp.sendgrid.net]:587

パスワード記載のファイルを作成

新たに/etc/postfix/sasl_passwdファイルを作成し、以下のような内容にします。

/etc/postfix/sasl_passwd
[smtp.sendgrid.net]:587 ユーザ名:パスワード

ユーザ名とパスワードは、Azure Portalから確認できます。

パーミッションを変更してハッシュDB化します。

$ sudo chmod 600 /etc/postfix/sasl_passwd
$ sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd

ライブラリの存在を確認

$ rpm -q cyrus-sasl-plain
cyrus-sasl-plain-2.1.26-20.el7_2.x86_64

もしなければyumコマンドでインストールします。

Postfixを再起動

$ sudo systemctl restart postfix

送信確認

/bin/mailコマンドや、/usr/sbin/sendmailコマンドを使って、メールが送信できるか確認します。

お疲れ様でした。 :smile:

2017/10/16追記 - SendGridの設定

デフォルトでは、プレーンテキストのメールはmultipart/alternativeになり、開封追跡用の画像が埋め込まれます。
不要な場合は無効にします。

設定個所は以下にあります。

  • Mail Settings
    • Plain Content → Activeにします。
  • Tracking
    • Click Tracking → Inactiveにします。
    • Open Tracking → Inactiveにします。