Help us understand the problem. What is going on with this article?

WordPressの固定ページテンプレートをフォルダで分ける

WordPressの固定ページは通常、次の命名規則でファイルを作成します。

page-$pagename.php

例えば、companyというスラッグの固定ページなら

page-company.php

というファイル名になります。しかし例えば、companyの子ページとしてaboutを作成して、example.com/company/aboutにした場合でも、テンプレートファイル名は

page-about.php

となるため、大量の固定ページテンプレートを作る際に管理しにくくなります。そこで、これを次のようなテンプレートファイルを作れるようにします。

wp-content/themes/(テーマ名)/company/index.php - companyのテンプレート
wp-content/themes/(テーマ名)/company/about.php - company/aboutのテンプレート

page.phpの作り方

しくみとしては、本来の固定ページテンプレートであるpage.phpを次のようにします。

<?php
// テンプレートがあるかをチェック
$url = $_SERVER['REQUEST_URI'];
$url = explode('?', $url);
$url = $url[0];

$path = get_template_directory() . substr($url, 0, strlen($url) - 1) . '.php';
if (file_exists($path)) {
    include($path);
    exit();
}

// index.phpを付加して検索
$path = get_template_directory() . $url . '/index.php';
if (file_exists($path)) {
    include($path);
    exit();
}
?>

ここに、一般の固定ページ用のテンプレートを記述します

これで、先のようにテーマディレクトリの中にフォルダーを作ってテンプレートを配置すると利用できるようになります。従来通りのpage-$pagename.phpというテンプレートも利用できます(そちらの方が優先されます)。

seltzer
株式会社エイチツーオー・スペース 代表取締役 「ちゃんとWeb」をコーポレートテーマに、Web標準に準拠したメンテナンスしやすいWebサイトを「ちゃんと」作ることを目指したWeb制作会社。 WordPressを利用したサイト制作や、スマートデバイス向けサイトの制作、PHPやJavaScriptによる開発を得意とする。 また、CSS Niteや Word Campでの講演や著書などを通じ、クリエイタ
https://h2o-space.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした