Help us understand the problem. What is going on with this article?

LambdaにAPI Gatewayのステージ名を渡す

More than 3 years have passed since last update.

こんにちはsekitakaです。

Lambda関数を起動したAPI GatewayのAPIのステージによって、Lambda上の処理を変えたい場合があると思います。
そこで今回はLambdaへAPI Gatewayのステージ名を渡す方法を紹介したいと思います。

LambdaにAPI Gatewayのステージ名を渡す手順

  1. API Gatewayの任意のAPIを選択→統合リクエスト→本文マッピングテンプレート
  2. Content-Typeはapplication/jsonを例に説明します。
{
  "stage" : "$context.stage"
}

このようにstage"$context.stage"を記述することでLambda関数にステージ名を渡すことができます。swagger定義ファイルを使用している場合も同様に記述できます。
3. Lambdaでは以下のようにハンドラの引数eventを経由してステージ名にアクセスすることができます。

handler.py
def lambda_handler(event, context):
    stage = event.get('stage') # ステージ名を取得
    if stage == 'hoge':
        # 何かする
        pass

参考

公式ドキュメントにも記載がありますが、$contextを経由して他にも色々な値をLambdaに渡すことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このようにAPIの環境や状態によって処理を分けたい場合は$contextを経由することで実現できます。

runners
スポーツで世界を良くしたいエンジニアチーム。応援navi、.finisher、run&といった製品開発をしています!
https://www.wantedly.com/projects/167082
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした