Edited at

iOS(Swift)でカラーピッカー [YSColorPicker]

iOSアプリ開発で簡単に使えるswift製カラーピッカーライブラリYSColorPickerを作成しました。とても簡単に使えてとても強力なカラーピッカーです。

 
 

GitHubはこちら

では早速使い方をみていきましょう!


Features


  • RGB

  • RGBA

  • HSB

  • HSBA

  • ColorPicker

  • ColorPicker(alpha)
    これらのモードから任意で複数選ぶことができます。


Installation


CocoaPods

Podfileに


Podfile

use_frameworks!

pod 'YSColorPicker', :git => 'https://github.com/sekies/YSColorPicker.git'


と追加します。

pod install します。


Usage

YSColorPickerをインポートします。


ViewController.swift

 import YSColorPicker


任意のUIViewContorollerでYSColorsTabViewControllerDelegate プロトコルに準拠します。


ViewController.swift

 class ViewController: UIViewController,YSColorsTabViewControllerDelegate {


カラーピッカーを使用したいタイミングでYSColorsTabViewControllerインスタンスを生成します。生成時に初期カラーとピッカーのタイプを指定します。


ViewController.swift

  let tabvc = YSColorsTabViewController(color: .blue, colorTypes: [

.YS_COLOR_RGB,
.YS_COLOR_RGBA,
.YS_COLOR_HSB,
.YS_COLOR_HSBA
])

カラーピッカーはTabViewControllerとして表示されます。viewの背景色、delegateを設定しモーダルで開きます。


※delegateの設定はysColorDelegateですのでご注意ください。


ViewController.swift

  tabvc.view.backgroundColor = .white

tabvc.ysColorDelegate = self
present(tabvc, animated: true, completion: nil)

タイプの指定は以下の6種類から可能です。

  .YS_COLOR_PICKER,

.YS_COLOR_PICKERA,
.YS_COLOR_RGB,
.YS_COLOR_RGBA,
.YS_COLOR_HSB,
.YS_COLOR_HSBA

デリゲートメソッドを実装します。ピッカー上でカラーが変更されるたびにこのメソッドが呼び出されます。


ViewController.swift

  func ysChanged(color: UIColor) {  

print(color)
}

コードの全体像です。


ViewController.swift

import UIKit

import YSColorPicker

class ViewController: UIViewController, YSColorsTabViewControllerDelegate {

@IBOutlet weak var colorBtn: UIButton!
override func viewDidLoad() {
super.viewDidLoad()
}

@IBAction func tapped(_ sender: UIButton) {
let tabvc = YSColorsTabViewController(color: .blue, colorTypes: [
.YS_COLOR_RGB,
.YS_COLOR_RGBA,
.YS_COLOR_HSB,
.YS_COLOR_HSBA
])
tabvc.view.backgroundColor = .white
tabvc.ysColorDelegate = self
present(tabvc, animated: true, completion: nil)
}

func ysChanged(color: UIColor) {
print(color)
}
}