Edited at

Yarn、Node.js 4系 or 8系 をインストールする

More than 1 year has passed since last update.

Railsプロジェクトに「AdminLTE」が「Yarn」を使って入れられるようになった模様。

ここではその最初のステップである「Yarn」と「Node.js」のインストール方法を覚書きします。

※「Yarn」から「AdminLTE」を入れるには、別途「Node.js」が必要になります。


実行環境

$ cat /etc/redhat-release

CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

実行環境は「CentOS 7系」です。


Yarnのインストール

$ sudo wget https://dl.yarnpkg.com/rpm/yarn.repo -O /etc/yum.repos.d/yarn.repo

$ sudo yum install yarn

公式ドキュメントを参照。


Node.js 4系の場合

$ sudo rpm -Uvh https://rpm.nodesource.com/pub_4.x/el/7/x86_64/nodesource-release-el7-1.noarch.rpm

$ sudo yum install nodejs
$ node -v
v4.8.5


Node.js 8系の場合

$ cd /etc/yum.repo.d # インストール場所はとりあえずここで

$ curl -O https://rpm.nodesource.com/pub_8.x/el/6/x86_64/nodejs-8.4.0-1nodesource.el6.x86_64.rpm
$ rpm -ivhU nodejs-8.4.0-1nodesource.el6.x86_64.rpm
$ node -v
v8.4.0


メモ

最新のYarnはNode.jsのバージョンが「4.0」以上でなければ動かないようです。

$ yarn --version

Node version 0.10.48 is not supported, please use Node.js 4.0 or higher.


参考記事

CentOS 6.xにLTS(4.3.0)のnode.jsをインストールする - Qiita

setup_8 not works for CentOS6 #517 - GitHub