Edited at

Unity認定プログラマー試験を1週間で何とかした話

この記事は 「Unityゆるふわサマーアドベントカレンダー 2019」 23日目の代理投稿です。昨日は @Sunmax0731 さんの「Unityとモバイル端末からのセンシング」でした。


Unity認定プログラマー試験を1週間で何とかした話

怪しい学習商材みたいなタイトルですみません。

先日、Unity認定プログラマーの試験を受験しました。私は締切がある方が燃えるタイプなので、 学習期間を1週間に設定 して受験勉強しました。

その時の話を書こうと思います。

注意あくまで個人の体験記です。学習のペースは人それぞれですので、無理に期限を設定する必要はないと思います!ご自身のペースで勉強することをオススメします!


試験を申し込んだ

まずは受験を申し込みました。実はこの申込が最初の難関かもしれません。(英語なのでちょっとわかりずらい)

こちらのUnityの公式サイトにアクセスしてください。

https://certification.unity.com/ja/products/certified-programmer

今すぐ登録 をクリックすると、Pearsonという試験予約のサイトに飛びます。

このサイトが英語なので、慣れていないとちょっとわかりずらいんですが、実は右側にある 日本語 というリンクをクリックすれば、以下のように日本語になります!(私は後から知りました)

後は、アカウントを作ったりサインインしたりして、画面にしたがって試験会場や日程を選んで予約するだけです。

試験会場は全国各地にあるようなので、行きやすいところを選ぶと良いと思います。

ただ、試験会場によって試験の日程頻度が異なるようです。私が受験予約した 新宿駅前テストセンター1 は、ほぼ毎日試験が実施されているみたいなので、とにかく早く受験したい人にはオススメです。


学習教材はCourseraに決めた

初日に学習教材を探しました。以下の3つを見つけました。

courseraさんが 7日間の無料トライアル というのをやっていたので、courseraさんにしました。勉強期間を1週間に設定していたのでちょうどよかったです!

以下の4つのコースがあるので、1日半で1コースのペースを目標に勉強することに決めました。


コースウェアは小テストだけやった

早速、 Core Interaction Programming の無料トライアルを始めました。

どんなレッスン内容なのか具体的に書くのはまずいと思うので、雰囲気だけ書きますが、ストーリー仕立ての動画や文章でUnityについてとても丁寧に解説してくれます。

これらの動画は試験対策に特化したレッスンではなく、Unityエンジニアを育成するためのレッスン という印象を受けました。とてもわかりやすかったです。

ただし、 全て英語です。

(実は日本語モードというのがあるのですが、2019年8月時点では、ほんの一部の動画・記事しか翻訳されていませんでしたので、あまり利用はしませんでした。)

動画をいくつか見ると、たまに小テストがあります。 この小テストこそが試験対策に特化したレッスンです!

最初の内は、動画を全て見ていたのですが、あまり学習時間に余裕がなかったので、途中からは 小テストだけをやるようにしました。

Unityのプロジェクトを作って提出する課題もあったのですが、こちらもやりませんでした。(courseraさん、Unityさんすみません!)


ゲーム業界の英語が少し難しかった

小テストも英語で出題されます。小テストに時間制限は特にないようなので、ゆっくりと翻訳サイト等を活用しながら解きました。

私がつまづいた英語は Level です。レベルというと、 キャラクターの成長度を表す数値 みたいな固定概念が私にはあったのですが、levelを 地形 みたいな意味で使っている小テストがあり、戸惑いました。

アクションゲームとかで最初のステージをレベル1、その次のステージをレベル2と言ったりしますが、そこから派生してステージの地形のことをレベルと呼ぶようになったのかな?と想像します。(ただの憶測です)


間違えた問題は2017.4の公式マニュアルで復習した

問題を間違えたら、Unity マニュアル (2017.4)Unityスクリプトリファレンス (2017.4) を読んで復習しました。なんで2017.4なのかというと、最新版だと日本語に翻訳されていない記事が多いのですが、 2017.4のマニュアルはいい具合に日本語に翻訳されているからです!


受験した

私が受験予約した 新宿駅前テストセンター1 は、新宿駅南口から初台方面に少し歩いたところにありました。駅近で助かります。

現地についたらすぐに受験できるわけではなく、


  • 受付(身分証明書が2種類必要)

  • 書類の記入

  • 顔写真の撮影

  • 私物のロッカー収納(財布やスマホ等、すべての私物をロッカーに預けます)

等の作業がいくつかありますので、試験開始時間ギリギリに到着しない方が良いと思います。

試験開始時間になると部屋へ案内されます。

指示された机に座り、PCに表示されてる 試験開始 のボタンを押したら、カウントダウンが始まります。

問題数は60問で時間は105分でした。ゆっくり解いたせいか、時間は余らずギリギリでしたw

試験終了 ボタンを押すと、すぐに 合格 という結果が表示されました!

一瞬、何のことかわかりませんでしたが、じわじわと嬉しさがこみあげてきました。


試験の内容

内容について詳しく書くのはまずいので、傾向だけを少し書きます。


  • 仕様書を読んでどんな実装が最適なのを選択する

  • バグ有のソースコードを読んでどんなバグが発生するかを選択する

  • ソースコードを読んで、どこを改修すればパフォーマンスが向上できるかを選択する

こんな感じの問題が多かったような気がします。

一般的なソフトウェア開発知識だけでは難しく、Unityの知識がないと解けない問題が多かったので、Unityマニュアルの熟読が攻略のカギかなと思いました。


3日後にメールが届いた

合格したので早速、認定書やバッジをダウンロードしようとしたのですが、すぐにはダウンロードできませんでした。

3日くらいたったころにメールが届き、無事に認定証がダウンロードできるようになりました!


認定書をダウンロードした

認定書の入手方法も少しわかりずらかったので、忘れないうちに手順を載せておきます。

まず、メールに記載されている Unity Certification platform にログインします。上部の Certifications をクリックしてから右側にある PDF Certificate をクリックすると、認定書がダウンロードできます。


さいごに

無事に合格できて安心しました。ちなみにcourseraの無料トライアルはすぐに解約しました。(courseraさんすみません!)

今回受験にあたり以下の記事を参考にさせていただきました。わかりやすい記事をありがとうございます。

「Unityゆるふわサマーアドベントカレンダー 2019」 24日目の担当は @reximology さんによる 「Unity 内部のコンパイラを追ってみた」 です。