Edited at

EclipseでEmacsキーバインドを使う

More than 3 years have passed since last update.

Eclipseを久々に使っているのですが、Emacsキーバインドで使いたくて試行錯誤したメモ。


 環境


  • OS : Ubuntu 15.04

  • Eclipse : MARS.1 Release(4.5.1)


プラグインがうまく使えなかった

まずハマったのが、Emacs+プラグインを使って入れようとして失敗していました。

具体的には、"Ctrl-H" を "一語削除" に割り当てたかったのですが、

Emacs+プラグインを入れてしまうと、Emacsの "Ctrl-H" がHelp機能が反応してしまい、

しかもそれをEclipseのKey設定でなぜか変えられない(変えられたかたいれば教えてください…)

ということで、元々デフォルトで入っている?Emacs設定を改造して使うことにしました。


設定

Eclipseのメニューから、

Windows -> Preferences -> General -> Keys と選び

Keys画面中のSchemeをDefaultからEmacsに変更します。

するとほとんどのキーバインドがEmacsになります。

あとはお好みでいくつか変えます。


Ctrl-H を一語削除に

"Ctrl-H" は標準では "Open Serch Dialog" に割り当てられてます。

この割り当てを他のキーバインドにまずは割り当てます。

自分は”Ctrl+Alt+S"に割り当てました。

次に、"Delete Previous" を探し、"Ctrl+H"に割り当てます。


ちなみに、Commandの検索は、Schemeの下の検索窓にタイプすると候補が見つかります。

またBindingからCommandを検索したい場合は、Bindingの列の先頭をクリックすると、

昇順と降順に並ぶので、例えば"Ctrl-H"に割り当てられているCommandを探すときには見つけられました。



Ctrl-M を改行してインデントに

"Ctrl-M" は標準ではウインドウのサイズ変更?に割り当てられています。

自分はこのキーバインドを"Alt-M"に割り当てなおし、

"Ctrl-M" を "New Line Indend" に割り当てました。


検索と置換コマンド

自分は検索時にはC++Searchが使いたいので、"Open Search Dialog"を起動し、

置換時には"Find and Replace"が使いたかったので以下の設定も変更しました。

- "Open Search Dialog" : "Ctrl+Alt+F"

- "Find and Replace" : "Ctrl+Alt+R"


最後に

以上がキーバインドの変更についてでした。

これからもEclipseを使いやすくするために色々いじっていきたいと思います。

ちなみに見た目に関しては、

- Eclipse Colorr Scheme

- Eclipse Moonrise UI Theme

を使うとなかなか良い感じになります。

具体的な導入方法に関しては、以下の記事が参考になるかと思います。

Eclipse を黒くする