Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ruby の i18n を単独で使う

はじめに

i18n という gem は,Ruby on Rails アプリの多言語化のために使われているが,Rails 専用というわけではない。こいつを Rails とは無関係に単独で使うにはどうすればよいか。

えー,お急ぎの方は次の節へ飛んでください。

本家の README にはあまり情報が無い。リポジトリー にはサンプルファイルも見当たらない。

いっぱしのプログラマーならまずソースを読むところだが,いっぱしではないので安直なほうへ流れることにした(いやその前に定石として テスト を読もうとしたんだけど,どこを見ていいか分からず 20 秒で挫折)。

えー,「Ruby の I18n を単独で使う」でググります。
tbpgr さんのブログ記事「Ruby | i18nをRuby単独で利用する」が見つかる。
これに従ってやってみる。

ただ,この記事には不可解な点があった。i18n に翻訳ファイルを与えるところが

I18n.load_path = []
Dir.glob("../locale/*.yml").each do |f|
  lang = []
  lang << f
  I18n.load_path << lang
end

になっているのだ。
lang って変数は何をやっているのだろう? これって

I18n.load_path = Dir.glob("../locale/*.yml").map{|path| [path]}

でよいんでは? それとも転記ミスで,本当はもう少しややこしいコードだったのかな。

そもそも,I18n.load_path= って,配列の配列を与える必要があるのか?

まあともかくやってみたら動いたので,とりあえずよし。

で,試した結果をもとに以下を書いていくことにする。

i18n は何をするもの

ウェブアプリケーションに限らず,アプリケーションを多言語化したい。

出てくる文言すべてにキーワードか何かを割り当てておき,言語ごとにキーワードと文言の対照表を編集しておくのだ。

アプリケーション上では,何か表示したいときにそのキーワードを指定する。どこかに言語のスイッチがあって,それによって実際に出てくる文言が変わる,と。

平たく言えばそういう仕組み。

i18n の使い方

インストール

まず i18n をインストール。

gem install i18n

翻訳ファイルの設置

翻訳ファイルを YAML 形式で用意。拡張子は .yaml はダメで,.yml にしなければならない。
拡張子でファイルの種類を見分けているようなので,たぶん YAML 形式以外のフォーマットにも対応してるんだと思う。

とりあえずちょっと試すだけなので,全言語を一つのファイルに収めることにする。規模が大きくなったら言語ごとに別のファイルにしたほうがいい。

translation.yml
ja:
  orei: おおきに
ko:
  orei: 감사합니다
ru:
  orei: Спасибо
en:
  orei: Thank you

これで準備完了。

使う

require 'i18n'

I18n.load_path = ["translation.yml"]

I18n.locale = :ja
puts I18n.t("orei") #=> おおきに

I18n.locale = :ko
puts I18n.t("orei") #=> 감사합니다

ちょー簡単。拍子抜けするくらいだ。

load_path は配列の配列にする必要はなかった(しても中で flatten される)。

実際のアプリケーションでは言語ごとにファイルを分けるだろうから,それらのファイルへのパスの配列を渡せばいいだろう。

I18n.locale= に渡すのは文字列でもシンボルでもいい。

翻訳データは入れ子にもできる。例えば ja のところを

ja:
  foo:
    bar: ばあ

と書いておけば,

I18n.locale = :ja
puts I18n.t("foo.bar") #=> ばあ

で呼び出せる。

おわりに

i18n にはきっといろんな機能があるんだろうし,知るべきこともいろいろあるんだろうけど,とりあえず当初の目的は果たせた。

おまけ(i18n)

「i18n」というのは,「internationalization」の略で,先頭の「i」と末尾の「n」の間に 18 字あることから,このような略し方にされているようだ。日常的に使う英単語の中では,20字はかなり長いほうだ。

似たような略語として「L10N」(localization)もある。

なんで「i18n」が小文字で「L10N」が大文字かというと,Wikipedia「国際化と地域化」 によれば,大文字の I(アイ)と小文字の l(エル)が互いに紛らわしいから避けたということらしい。

CIA(米国中央情報局)あたりでは counterintelligence(防諜活動)のことを「c17e」なんて略すんだろうか。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした