Posted at

マイナーな漢語系電算用語

More than 1 year has passed since last update.

「算法」(アルゴリズムのこと)って言葉,簡潔でけっこう好きなんだけど,知らない人もいるだろうし,広く使われているとは言い難い。

そういうマイナーな漢語のコンピューター用語をいくつか。(網羅は意図しない)

訳語
原語

算法
algorithm

算譜
program

作譜
programming

算料
data

算帳
file

界面
interface

番地
address

電脳
computer 

軟件
software

硬件
hardware

金物
hardware


network

算法・算譜・作譜とかは普通に使いたい。

算料,算帳とか界面は知らなかった(この記事を書くために調べてて見つけた)。

data は哲学(?)方面だと「与件」て訳語もあるみたい。「感覚与件」(sense data)とか。

ワンボードマイコンの時代は,メモリーのアドレスのことを番地と呼ぶのが普通だったと思う。

電脳は中国語。日本では坂村健さんが盛んに使われていたっけ?

電脳都市感覚』NTT出版(1989)なんて本もあった(けっこう衝撃を受けた)。

日本語だと電子計算機やその略語の電算機のほうがメジャー。電算機は字数を減らしたい新聞で多用されたけど,今はどうだろう。「電算化」「電算写植」なんて言葉もあった。

軟件・硬件は中国語。

網は,接尾辞としてなら「通信網」とかメジャーだけど,「網」だけでも使うのは通信業界(?)の人だけじゃないだろうか。

ずーっと,これ,アミって読むんだと思ってたけど,どうやらモウらしい(?)

JIS X 0007 には,deadlock の訳語として「すくみ」,breakpoint の訳語として「中断点」が載っている。