Xcode
macos
Horos

Horos 3.x を Source から build する

Horos は OsiriX を fork して Free DICOM Medical Image Viewer として開発されている macOS 上の 64bit アプリです

現在 Horos Project で有意な協力者により開発が続けられておりソースが LGPLv3 ライセンスの元に公開されているので Source から Build する

開発環境は macOS Mojave + Xcode 10.1

macOS High Sierra の場合は Xcode 9.4.1 で build 可能

尚、Horos は薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)未認可です


1.開発環境を整える


  1. CMake と pkg-config が必要なので先ず Homebrew をインストールします

    mac のターミナルを開いて

    ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

    これで Homebrew がインストールされます

  2. 次に brew install cmake で CMake をインストール

  3. brew install pkg-config で pkg-config をインストールします


2.ソースを入手する

Horos Project から Source を入手します

mac のターミナルを開いて

  git clone https://github.com/horosproject/horos.git horos3

これで当該ディレクトリの「horos3(任意)」にソースが clone (down load) されます


3.build の実行


  1. Finder 移動メニューから Souce を clone したフォルダに移動します


  2. その中に「Horos.xcodeproj」があるのでクリックして Xcode を起動します

  3. Xcode メニューの「Product」「Scheme」「Unzip Binaries」を選択して Build します

  4. 次に「Product」「Scheme」「Horos」を選択して Build します

    (少し時間がかかります)


4.app の実行

Xcode 左側の「Products」の中に「Horos.app」が作成されていますのでクリックして実行します

あるいは「Show in Finder」で表示させてから実行しても OK です


5.日本語環境について

Horos 3.1 から「ja-JP.lproj」と云う日本語リソースが組み込まれていますがこの日本語リソースでは 2DViwer が動作しないと云う問題があります

Horos の環境設定で Global・Languages の「日本語(日本)」のチェックを外して再起動すれば(英語表記になるが) 2DViwer は動作します

現在、「ja-JP.lproj」を廃棄して日本語リソース「ja.lproj」を新しく作成して組み込む作業が進んでいますので近々公開予定


参考