Help us understand the problem. What is going on with this article?

Watson Assistant の ユーザー・インターフェースに Slack を使用する

More than 1 year has passed since last update.

(2018/6/19 Conversation -> Assistant の変更他、最新の情報にUpdate)

はじめに

Watson Assistant(以降Assistant)はチャットボットのAPIを提供するサービスなので、ユーザー・インターフェース(UI)は別途作成するか、あるいは既存のツールと組み合わせて使用することになります。Assistantは製品としてSlackをUIにするための機能を持っていいるので、その設定方法を紹介します。

準備

Slack

管理権限のあるSlackのワークスペースが必要になるので、無い場合は slack.com/create から作成しましょう。メールアドレスがあれば簡単に作成することができます。

Assistant

SlackとつなぐAssistantのワークスペースも準備します。私は別記事で作成したレンタカー予約のワークスペースを使用しますが、最低限のDialogフローが動けば何でもよいです。

Slackとつなぐ

AssistantワークスペースのDeployタブを開き、Slackの「Deploy」ボタンをクリックします。
image.png

「Deploy to Slack app」「Test in Slack」のどちらかが選択できますが、まずは簡単な「Test in Slack」の方からやってみます。

簡単編

2018/6/19追記 2018年5月のリリースで「Test in Slack」機能は削除されました
「Test in Slack」の場合ボットの名前が「@ibmwatson_test」で固定等、細かいカスタマイズはできませんが、とりあえず使ってみたいという場合にお勧めです。「Test in Slack」ボタンをクリックし、表示される画面で「Authorize Slack」をクリックします。
image.png

SlackワークスペースのURLを入力し、「Continue」をクリックします。
image.png

メールアドレス、パスワードを入力し、「Sign in」をクリックします。
image.png

承認画面が表示されるので、「許可する」をクリックします。
image.png

Slackの適当なチャンネルに「@ibmwatson_bot」を招待します。
image.png

これで会話の準備ができたのでやってみます。
image.png

うまく会話できているようです。

応用編

「Deploy to Slack app」の方もやってみます。「Deploy to Slack app」ボタンをクリックすると作業のステップが表示されます。まず Create a Slack app をクリックし、表示される画面で「Create a Slack app」をクリックします。
image.png

「App Name」「Deployment Slack Workspace」を指定し、Slackアプリを作成します。
image.png

AssistantのDeploymentの名前を指定します。
image.png

SlackアプリのBotユーザーを作成します。「Always Show My Bot as Online」は「On」にします。
image.png

Slackアプリの設定画面で確認できるCredentialを、Assistantの設定画面にコピペして、「Generat」ボタンをクリックします。
image.png

Redirect URL が生成されるので、Slackアプリの「OAuth & Permissions」の「Redirect URLs」にコピペして「Save URL」します。
image.png

「Event Subscriptions」で「Enable Events」を「On」にして、Assistantの設定画面からRequest URLをコピペします。
image.png

「Subscribe to Bot Events」セクションんで「Add Bot User Event」をクリックし、「message.channels」を追加します。
image.png

「Save Changes」をクリックして設定を保存します。
image.png

Assistant設定画面で「Authorize Slack」ボタンをクリックし、表示される画面でSlackワークスペースを指定いします。
image.png

承認画面が表示されるので、「許可する」をクリックします。
image.png

Slackの適当なチャンネルにBotユーザーを招待します。
image.png

会話の準備ができたのでやってみます。
image.png

schiyoda
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away