Posted at

VM上のUbuntu14.04でUSBヘッドセットの優先順位を上げる

More than 3 years have passed since last update.

VM上のUbuntuにてJuliusを使うときには,標準では0番目のサウンドデバイスのマイクを利用する設定になっている.

大抵は,USB接続のヘッドセットマイクをPCに接続して音声認識をさせるが,このUSBヘッドセットを優先順位トップ(0番)にする設定がなかなかハマり込むので,ここにまとめる.


1. VMへのUSBオーディオの接続

まず,VM自体にUSBヘッドセットが接続されている必要がある.

(PCにUSBヘッドセットを接続し,なおかつ,ホストOSではなくVMに認識させる必要がある)

図01にあるように,MVPlayerのメニューから,「取り外し可能デバイス」をたどり,目的のUSBヘッドセットにチェックが付いているか確認する.チェックがついていなければ,その中の「接続(ホストから切断)」を選ぶ.

VM1.PNG

図01:サウンドデバイス選択

※新たに接続設定にした場合には,VM上のOSを再起動させておくこと.


2. サウンドデバイスの名前と順序の確認

以下のコマンドでサウンドデバイスの名前と順序を確認する.

$ cat /proc/asound/modules

modules.PNG

図02:サウンドデバイスの順序確認

上記のように表示される.

図02の例では,既にUSBオーディオがトップ(0番目)に来ている.

ここで表示される名前を,次の項目の設定に使う.


3. サウンドデバイス順序の変更設定

alsa-base.confに設定を追記する.

$ sudo nano /etc/modprobe.d/alsa-base.conf

(エディタにnanoを用いているが,geditでも,emacsでも,vimでも,viでもOK)

ファイルの末尾に,以下の設定を追記.

options snd slots=snd_usb_audio,snd_ens1371 # (上記で表示させたデバイスを列挙する)

options snd_usb_audio index=0
options snd_ens1371 index=1

保存(nanoなら,C-x Y)して,VM上のOSを再起動させる.

$ sudo reboot


4. 確認

再起動後,サウンドデバイスを表示させて確認する.

$ cat /proc/asound/modules

modules.PNG

図03:サウンドデバイス確認


5. 注意事項

VM起動時にUSBオーディオがVMに接続されていないといけません.新たにVMを起動する際には注意してください.