はじめに

運営しているサイトがレンタルサーバーで自分以外SSHでアクセスが出来なかったりする環境の時になんとか、デプロイを人力の手でやることを阻止したいと考え、git-ftpを使うことにした際のメモ。
WindowsとMac両方でのアップロードが必要だったため、頑張って両方での手順を書く

前提

ファイルをgitで管理していることが前提になります。
gitの導入などは別記事を参照ください。

環境

Mac

  • OS X 10.13.1

brewを経由してインストールするので、brewが使えるようにしておいてください。
Macの方はこちらを終わらせておくと手順通りに出来ます。

Windows

  • OSバージョンはなんでもいい

git bashをインストールしてください。

git ftpのインストール

Mac

ターミナルで以下を実行するだけ

$ brew install git-ftp

Windows

Git bashを「管理者として実行」で開く
立ち上がったら、以下を実行していく

$ cd ~
$ git clone http://github.com/git-ftp/git-ftp git-ftp.git
$ cd git-ftp.git && chmod +x git-ftp
$ cd /bin/
$ ln -s ~/git-ftp.git/git-ftp git-ftp

MacもWindowsも以下を入力してインストール出来ているかを確認

$ git ftp

上記コマンド実行後、git-ftp <action> [<options>] <url>という表示が出たらインストールが出来ています。

gitftpに設定を行う

gitで管理しているフォルダまで移動する。
gitで管理されている場合は、.gitというフォルダが存在する

Macであればターミナル、Windowsであれば、git bashで以下を行う

$ git config git-ftp.url ftp://ホスト名/該当するフォルダまでのパス
$ git config git-ftp.user ユーザー名
$ git config git-ftp.password パスワード

上記はお使いのレンタルサーバーなどを確認し、適宜変更を行なってください。

上記を行なったら、.gitフォルダ内のconfigファイルを確認すると設定が反映されているかと思います。

初期実行

上記の設定が終わったら、以下を行う

$ git add .
$ git commit -m "commit"
$ git push

git pushを行う必要は無いですが、commitまではやっておかなければエラーとなります。

そしたら最初の一回だけは以下のコマンドを実行します。

$ git ftp init -v

init以降のアップロード方法

git ftp initの初回を終えるとサーバー内にgit-ftp.logのようなログファイルが生成される。

init以降は以下のコマンドで随時アップロードが行える

git ftp pushを行う際もgit commitまでは行なっておく必要がある。penddingとなっているとエラーとなる

変更の流れは以下のようになる

  1. ファイルを編集
  2. 「git add .」する
  3. 「git commit -m "変更内容"」する
  4. 「git push」変更内容をpush
  5. 上記4つが終わったら、「git ftp push」する
$ git ftp push
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.