GitHub

Githubが結構色々なatomフィードを出せるので、連携で役に立ったりする

More than 3 years have passed since last update.

自分がオーナのリポジトリはサービス連携やらWebHookやら色々あるので、他との連携は容易です。

ただ、他所様のリポジトリの更新具合を見たり、何かが進んだら結合テストを流しておきたい時などに、とりあえずフィード購読からトリガーを作成できます。

要素
説明

releases
Githubに登録されたリリース
https://github.com/higanworks/sakurraform/releases.atom

wiki
Wikiの更新履歴
https://github.com/fog/fog-sakuracloud/wiki.atom

{org or user}/{repo}/commits/{branch}
任意のブランチのコミットログ
https://github.com/higanworks/sakurraform/commits/master.atom

{org or user}/{repo}/commits/{branch}/{path_to_file}
任意のブランチで、特定ファイルに関わる更新を含むコミットログ
https://github.com/higanworks/sakurraform/commits/master/lib/sakurraform/version.rb.atom

これで IFTTTでFeed購読 => 何か。が捗ります。最近作った連携はこんな感じ。


  • リリースを


    • メールで自分におしらせ

    • CIのビルドをキック



  • master更新を


    • DockerhubのAutoBuildをキック



他にも、見落としがちなWikiの更新をチャットに突っ込むとかで使えそう。

ちなみにアクティビティのタイムラインもフィードを出していて、ユーザ単位、Org単位、ひいてはGithubグローバル(!)なんかもあるけど、さすがにそれは範囲が広い。

Orgをうまいことフィルタすれば、特定リポジトリのIssueやPRをトリガにできるかも。(メールならwatchで十分ですが)


プライベートリポジトリの場合

プライベートリポジトリからフィードを取ってくる場合は、今のところBasic認証の形式でユーザ名にTokenを使えばOK。

こうですね、

https://{Personal access token}:@github.com/higanworks/circleci-private-sandbox/commits/master.atom