Posted at

h2oのmrubyハンドラで`/robots.txt`を出し分ける

More than 1 year has passed since last update.

諸処の事情で、本番とは違うドメインで起動して操作しているWordPressなどがGoogleなどにインデックスされてイヤン、ということもあるでしょう。

いちいちrobotsを切り替えながら操作するのも手間なので、h2oに組み込まれているmrubyで出力をコントロールした。


robots.rb

# デフォルトのDisallowルール

robots = <<EOL
User-Agent: *
Disallow: /
EOL

lambda do |env|
# /robots.txt以外のリクエストはすぐ処理をh2oに返す
unless env["PATH_INFO"] == '/robots.txt'
return [399, {}, []]
end

# 任意の条件で、これまた処理をh2oに返す。これはフラグファイル有無での例
# 環境変数で判断とかでもよい
if File.exist?('/path/to/flagfile')
return [399, {}, []]
end

# Cookieに`wordpress_logged_in_*` => WordPressにログイン済みっぽいとして扱う
if env["HTTP_COOKIE"]
cookies = env["HTTP_COOKIE"].split
if cookies.select {|a| a.match(/^wordpress_logged_in_/)}.any?
# カスタマイズしたときのプレビューが出来ないと不便なので、ユーザ定義のrobots.txtを見せる
return [399, {}, []]
end
end

# これまでの条件にマッチしなければ、デフォルトのDisallowルールを適用
return [200, {'Content-Type' => 'text/plain;charset=utf-8'}, [robots]]
end


rackベースなのでやりやすい。