Help us understand the problem. What is going on with this article?

普通なRubyプログラムでもi18nで多言語対応してみる

More than 3 years have passed since last update.

Rubyの多言語対応で探すと(私の守備範囲では)だいたいi18n。そしてほとんどWebアプリ≒Railsの話。
たまにはただのRubyプログラムやCLIでもロケール(locale/LANG)に対応した出力をしてみるのもいいかなと動かしてみた。

i18n全体のながれ

  • 言語対応表保存のバックエンドを選択
  • バックエンドに言語の対応表をロード(都度取得も可?)
  • ロケールとキーからそれぞれの中身を返す

準備さえしておけば、ふだんputsやLoggerに渡しているStringをi18nから返せば良さそうである。

言語ファイルでやってみる

試しに2つの言語ファイル、en.yml, ja.ymlを作成。

これ英語。

locales/en.yml
---
en:
  of: of the people
  by: by the people
  for: for the people

こっち日本語。

locales/ja.yml
---
ja:
  of: 人民の
  by: 人民による
  for: 人民のための

シンプルなバックエンドを選択し、起動時にロードする

とりあえず単品で動けばいいので、一番単純そうなバックエンドI18n::Backend::Simpleを選択。
変換の処理も色々呼び方があるので、適当に変えながら出力してみよう。

app.rb
#!/usr/bin/env ruby
# coding: utf-8
require 'i18n'
require 'yaml'

I18n.enforce_available_locales = true ## 対応ずみ言語かを実行時にチェックして止める
I18n.backend = I18n::Backend::Simple.new

## Yamlのパスをアレイで渡すとロードする
I18n.backend.load_translations(Dir.glob('locales/*.yml'))

## backend.translateにロケールとキーを渡すパターン
%w[en ja].map do |lang|
  puts I18n.backend.translate lang.to_sym, :of
end

## I18n.tにオプションでロケールを渡すパターン
I18n.backend.available_locales.map do |lang|
  puts I18n.t :by, {locale: lang.to_sym}
end

## I18n.tのオプションを省略するパターン
%w[en ja].map do |lang|
  I18n.locale = lang.to_sym
  puts I18n.t :for
end

実行してみる

できた。I18n.t 単品で呼ぶ形式が楽だ。

$ bundle exec ruby app.rb 
of the people
人民の
by the people
人民による
for the people
人民のための

毎回全部作ってらんない、Fallback

実際採用するとして、新しいメッセージを毎度全部書いていくのは面倒だ。
例えば次のように、歯抜けがある場合を試してみた。

locales/ja.yml
---
ja:
  of: 人民の
  by: 人民による
  # for: 人民のための

この状態だとlocale=jaのとき:forの出力はtranslation missing: ja.forとなった。
そういうのはデフォルト言語側を出す方がまだましだ。

fallbackを仕込む

ソースとWikiを見てたらFallbackという機構があった。Backendに組み込んでみる。

app2.rb
#!/usr/bin/env ruby
# coding: utf-8
require 'i18n'
require 'yaml'

I18n.enforce_available_locales = true
I18n.backend = I18n::Backend::Simple.new

## デフォルト言語にフォールバック https://github.com/svenfuchs/i18n/wiki/Fallbacks
I18n.backend.class.send(:include, I18n::Backend::Fallbacks)

I18n.backend.load_translations(Dir.glob('locales/*.yml'))

%w[en ja].map do |lang|
  puts I18n.backend.translate lang.to_sym, :of
end

I18n.backend.available_locales.map do |lang|
  puts I18n.t :by, {locale: lang.to_sym}
end



I18n.default_locale = :en # デフォルトでも:en

%w[en ja].map do |lang|
  I18n.locale = lang.to_sym
  puts I18n.translate :for
end

これで実行結果は

$ bundle exec ruby app.rb 
of the people
人民の
by the people
人民による
for the people
for the people

抜けはチェックツールで比較して、対応したくなったらすればよいというゆるポリシーのつもりなので、この挙動でいいや。

未対応ロケールはデフォルトを使う

I18n.enforce_available_localesをtrueでやっていると、言語セットを用意しているロケール以外ではプログラムを止める。
例えば:deだと :de is not a valid locale (I18n::InvalidLocale) と言われて止まっちゃう。

そういう手合もまあ、とりあえずenforce_available_localesをfalseにして、デフォルト出しときゃいいでしょ。

app2.rb
#!/usr/bin/env ruby
# coding: utf-8
require 'i18n'
require 'yaml'

I18n.enforce_available_locales = false # 未対応言語でも止めない
I18n.backend = I18n::Backend::Simple.new

## デフォルト言語にフォールバック https://github.com/svenfuchs/i18n/wiki/Fallbacks
I18n.backend.class.send(:include, I18n::Backend::Fallbacks)

I18n.backend.load_translations(Dir.glob('locales/*.yml'))

%w[en ja].map do |lang|
  puts I18n.backend.translate lang.to_sym, :of
end

I18n.backend.available_locales.map do |lang|
  puts I18n.t :by, {locale: lang.to_sym}
end


I18n.default_locale = :en # デフォルトでも:en

%w[en ja de].map do |lang|
  I18n.locale = lang.to_sym
  puts I18n.translate :for
end

最後をlocale=deでも出してみたが、デフォルトにfallbackしてくれた。

$ bundle exec ruby app.rb 
of the people
人民の
by the people
人民による
for the people
for the people
for the people

ロケールをどう判断したらいいか

実はこれを考えていなかった。ENV['LANG']でええんかいな? Windowsもかな?
if else elseの予感がする。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした