Python
Selenium
nanaco

pythonでnanacoクレジットチャージできるモジュールPyNanacoを作った

GitHub

PyNanaco

これは何ですか

  • seleniumを使ってnanacoウェブページにアクセスし, ログイン・ログアウト, クレジットチャージ, クレジットカード設定・解除ができます.
  • 1回のコマンドで最大50,000円までのクレジットチャージが可能です.

メリット

  • 50,000円を1回の操作でチャージできるのでweb画面を操作するより簡単
  • 複数枚のnanacoにクレジットカードを設定・解除する作業も数行で記述可能
  • 別途cronやスケジューラーと連動させればバッチ処理でnanacoチャージやクレジットカード設定変更が可能.

インストール方法

PyPIに登録してないのでGitからどうぞ.

pip install git+https://github.com/sawadyrr5/PyNanaco

インストール時にseleniumも合わせてインストールされるはずですが、されない場合はpip install seleniumでインストールしてください.

core.pyと同じ場所にchromedriver.exeを配置する必要があります.
入手はこちらからどうぞ.
chrome webdriver

メソッド解説

login(nanaco_number, card_number, password)

nanacoメニュー画面にログインします.
card_numberを入力するとカード記載の番号で, passwordを入力するとモバイル会員用パスワードでログインします.(両方入力した場合はcard_number優先)
事前にdict型でnanacoの情報を用意しておくと, こんな感じでログインすることもできます.

my_nanaco = dict(
    nanaco_number='xxxxxxxxxxxxxxxx',
    card_number='yyyyyyy'
)

nanaco = PyNanaco()
nanaco.login(**my_nanaco)

login_credit_charge(credit_charge_password)

クレジットチャージ画面に遷移します.
クレジットチャージが登録済みの場合は, 登録されているカード番号を返します.('xxxx-xxxx-xxxx-1234'のような文字列)
クレジットチャージが未登録の場合は, クレジットチャージの案内画面に遷移します.

history()

クレジットシャージ履歴を取得します.
戻り値としてdict(charged_count=x, charged_amount=y)を返します.

charge(value)

チャージします.
valueは1,000円単位で50,000円まで入力可能です.
なお30,000円を超える場合, 2回目が最低5,000円になるように分けてチャージ処理を行います.
(例:
50,000円 = 30,000円 + 20,000円
31,000円 = 26,000円 + 5,000円)
処理中にPGSE09エラーなどが発生した場合はPyNanacoCreditChargeError例外を上げて止まります.

register(credit, profile, secure)

クレジットカード情報をセットします.
creditprofileはdict型で、secureは文字列で指定してください.(ここのインタフェースは上手くまとまっていないので, 後から変更するかもしれません)

my_card = dict(
    number='xxxxxxxxxxxxxxxx',
    expire_month='mm',
    expire_year='yyyy',
    code='xxx',
    phone='xxxxxxxxxxx'
)

my_profile = dict(
    name='john doe',
    birthday=datetime(1980, 1, 1),
    password='xxxxxxxx',
    mail='xxx@xxx.xxx',
    send_information='2'
)

secure='secure_password_here'

registerを行う場合あらかじめlogin_credit_charge()を実行しておいてください.

    nanaco = PyNanaco()
    nanaco.login_by_card(**my_nanaco)
    nanaco.login_credit_charge()
    nanaco.register(
        credit=my_card,
        profile=my_profile,
        secure='set_secure_password_here'
    )

cancel()

クレジットカードの設定を解除します.
あらかじめlogin_credit_charge()でクレジットチャージメニューにログインする必要があります.

logout()

ログアウトします.

quit()

chromedriverを終了します.

サンプルコード

# -*- coding: utf-8 -*-
from datetime import datetime

from pynanaco.core import PyNanaco

# set your nanaco card information.
# (credit charge ready.)
my_nanaco = dict(
    nanaco_number='xxxxxxxxxxxxxxxx',
    card_number='yyyyyyy'
)

# set your nanaco card information.
# (credit charge not ready.)
my_nanaco2 = dict(
    nanaco_number='xxxxxxxxxxxxxxxx',
    card_number='yyyyyyy'
)

# set your credit-card information.
my_card = dict(
    number='xxxxxxxxxxxxxxxx',
    expire_month='mm',
    expire_year='yyyy',
    code='xxx',
    phone='xxxxxxxxxxx'
)

# set your profile.
my_profile = dict(
    name='john doe',
    birthday=datetime(1980, 1, 1),
    password='xxxxxxxx',
    mail='xxx@xxx.xxx',
    send_information='2'
)


def example_charge():
    nanaco = PyNanaco()
    nanaco.login(**my_nanaco)
    nanaco.login_credit_charge('set_credit_charge_password_here')
    nanaco.charge(10000)


def example_register():
    nanaco = PyNanaco()
    nanaco.login(**my_nanaco2)
    nanaco.login_credit_charge()
    nanaco.register(
        credit=my_card,
        profile=my_profile,
        secure='set_secure_password_here'
    )


def example_cancel():
    nanaco = PyNanaco()
    nanaco.login(**my_nanaco)
    nanaco.login_credit_charge('set_credit_charge_password_here')
    nanaco.cancel()


if __name__ == '__main__':
    example_charge()
    example_set()
    example_cancel()

工夫した点

  • サイト側の設計変更の影響を極小化するためにPageObjectsパターンを採用し、ページとメソッドに関する記述をpage.pyに、ページ要素のセレクタの記述をlocators.pyにそれぞれまとめました.

課題

  • エラー処理の実装(月15回以上チャージ, 月20万円以上チャージなど)