CircleCI
CircleCI2.0

はじめてのCircleCI2.0

CircleCI2.0をこれからはじめて使おうという方向けのチュートリアルです。

この記事では、とにかく簡単にCircleCIを動かしてみます。

事前準備

CircleCIに登録

まだ登録してない人はサインアップしてください。

今回はGitHubと連携した前提で進めるので、GitHubアカウントでサインアップするのがおすすめです。

image.png

GitHubリポジトリを作る

GitHubでcircleci-hands-onリポジトリを作りました。

image.png

CircleCIでプロジェクトを追加する

「PROJECTS」から「Add Project」ボタンをクリックします。

image.png

GitHubのリポジトリがリストされるので、その中から、紐づけたいリポジトリの「Setup project」ボタンをクリックします。

image.png

プロジェクトをセットアップする

「Operating System」や「Platform」をはデフォルトのままで。

「Language」を選択するとそれに合ったサンプルのconfig.ymlが最下部に表示されます。

今回は「Other」にしておきます。

設定ファイルの作成

さて、ソースコードの方に戻ります。

先程作成した、circleci-hands-onリポジトリに.circleci/config.ymlを追加してpushします。

image.png

「Copy to clipboard」ボタンを押すと以下のサンプルがコピーできます。

.circleci/config.yml
version: 2
jobs:
  build:
    docker:
      - image: debian:stretch
    steps:
      - checkout
      - run:
          name: Greeting
          command: echo Hello, world.
      - run:
          name: Print the Current Time
          command: date

ビルドしてみる

pushしたら「Start building」ボタンをクリックします。

image.png

成功しました!

それぞれのステップでやっていることを見ていきます。

Spin up Environment

dockerのimageをpullしてきて、環境変数をセットしています。環境変数はCircleCIがデフォルトでセットするものと自分でセットしたものがセットされます。

Checkout code

stepscheckoutに該当するステップです。
GitHubからsawadashota/circleci-hands-onリポジトリをcloneしてきています。

Greeting

以下に該当する処理です。

.circleci/config.yml
      - run:
          name: Greeting
          command: echo Hello, world.

echo Hello, world.が実行されたことと、Hello, world.が標準出力されたことがわかります。

image.png

Print the Current Time

上記、Greetingと同じように、コマンドと標準出力が表示されています。

image.png

まとめ

手始めにCircleCIのサンプル通りに動かしてみました。

次の記事ではアプリケーションをビルドしてみたいと思います。