Help us understand the problem. What is going on with this article?

MAYAのMELいろいろメモ-セパレータ

More than 1 year has passed since last update.

※Maya MELのメモ。MAYAのバージョンは2017等を使用しています。

シェルフへのセパレーターの追加

↓これをシェルフに追加する方法。

separator.jpg

デフォルト機能では、このセパレータをシェルフに追加するボタンなどは無い。

ボーナスツールを使う

maya2016あたりから、ボーナスツールをインストールすることで使えるようになる。

ボーナスツールは、公式サイトから無料でDL可能。(オートデスクアカウントが必要)
インストールされると、メニューに項目が追加される。

BonusTools.jpg

Separator on Shelf を実行すると、今開いているシェルフの最後尾にセパレーターが追加される。
位置を変更したい場合は、シェルフの歯車アイコンから「シェルフエディタ」を選んで編集。

MELに直接書き込む

MELを直接編集して追加することもできる。
シェルフはMELで記述されており、MELファイルはどこかのフォルダに置かれています。

↓デフォルトで入っているものは概ね下記のあたり。

C:\Program Files\Autodesk\Mayaバージョン\scripts\shelves

↓自分で作成したものであれば、日本語環境だったらおおむね下記あたり。

ドキュメント\maya\バージョン\prefs\ja_JP\prefs\shelves

ファイル名は、shelf_(シェルフ名).mel

該当するファイルを開くと、ボーナスツールで追加されたセパレーターは、こんな感じで書かれている。

    separator
        -enable 1
        -width 12
        -height 35
        -manage 1
        -visible 1
        -preventOverride 0
        -enableBackground 0
        -style "shelf" 
        -horizontal 0
    ;

-width の数字を大きくすると、セパレーターの両側の空間が広くなる。
-height はセパレータの縦の長さ。
他には特に触ることは無さそうですが、separatorはMAYAのUI全般に使われているコマンドで、見た目のバリエーションも、オプションの種類もいろいろある様子。

ちなみに、デフォルトで使用されているセパレーターは以下のように書いてありました。

addShelfSeparator();

ボーナスツールで追加されるものと同じセパレーターが、この一行で楽々追加できます。

ちなみに、MELを直接編集した場合、MELファイルを保存しただけでは、シェルフの見た目は更新されません。
MAYAを再起動しても更新されません。
シェルフの歯車ボタンから、一度そのシェルフを「削除」して、次に「ロード」すると、編集内容が反映されたシェルフが表示されます。

saty
3DCG artist
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした