Edited at

Unity iOS・Android課金設定・実機テスト課金の覚書


iOS

■Apple Developer Program

 ・AppID作成(バンドルIDのワイルドカード不可)

 ・Provisioning作成(Distribution)

■iTunesConnect

 ・アプリの登録(AppID作成時のバンドルIDを設定)

 ・「機能」の「App内課金」から商品登録

   ▼参照名は何でも良い

   ▼製品ID:サーバーと連携する必要があるので一意で管理しやすい名前

   ▼価格:自由に・・・上流工程判断かも

   ▼表示名:自由にわかりやすく・・・上流工程判断かも

   ▼説明:自由に自由にわかりやすく・・・上流工程判断かも


Android

■Google Developer Console

 ・アプリの登録

 ・リリース管理にAPKを登録(150Mを超える場合はOBBファイルにする必要あり)

  https://docs.unity3d.com/Manual/android-OBBsupport.html

  https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/2481797?hl=ja

  課金のパーミッションが設定されたAPKでないとアイテム登録できないので注意

  <uses-permission android:name="com.android.vending.BILLING" />

・テスターの登録

   すべてのアプリの「設定」→「テスターの管理」からテスターを登録しておく

   リリース管理→アプリのリリース→編集あたりからテスター選択

   ※テスターが選択されてないとリリースできない

 ・ストアでの表示→ストアの掲載情報

  アスタリスク(*)がついてる項目はすべて設定する必要がある

  ▼コンテンツのレーティング

  ▼価格と配布

  ▼スクリーンショット

   ▼高解像度アイコン

   ▼ヘッダー画像

   ▼各2つの項目のスクリーンショット

    電話・タブレット

  ▼分類

  ▼プライバシー ポリシー

  ▼アプリ内サービス

   ここにアイテムを登録

 ・pemファイル作成

  これをサーバーに渡す必要あり

  ▼Google Play Developer ConsoleのサービスとAPIのページに移動し、RSA公開鍵の文字列をコピーする。

   https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/186113?hl=ja

  ▼コピーしたRSA公開鍵の文字列を貼り付けたファイル、XXXXを作成する。

Windows用コマンド(コマンドプロンプト)

$ certutil -f -decode XXXX YYYY.der
$ openssl rsa -inform DER -outform PEM -pubin -in YYYY.der -out ZZZZ.pem

Mac用コマンド(ターミナル)

$ base64 -D XXXX > YYYY.der
$ openssl rsa -inform DER -outform PEM -pubin -in YYYY.der -out ZZZZ.pem


Unity

 ・UnityServicesにログインする事(WebでUnityDashBoardにプロジェクトを作る必要あり)

  https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/SettingUpProjectServices.html

 ・Unityエディタ上でServicesウィンドウを開く

  Dashboard上で作ったプロジェクトと連携する必要があるので

  UnityEditor上のServicesウィンドウでOragnization等を選んで紐づければOK

 ・課金処理をよしなに実装

 

 ・バンドルID注意

 ・Releaseビルドにする事

===================================================================================


テスト課金

 詳しい事は下記、参照。

 とても参考になります。

 https://qiita.com/soratyan/items/91423b9d0d474cb044c7


■iOS

 アプリの登録は完了しているものとします。(自分が課金テストできた方法を記載します。)

 

 ●テストアカウントの作成

 ・テスト課金用のメールアドレス(XXX_test@gmail.com)を用意する。

 ・テスト課金用のメールアドレスを使ってAppleIDを作成する。

   https://appleid.apple.com/account#!&page=create

   PCからはこちらから作れます、Iphoneから作成したりiTunesから作成したり

   いろんなパターンがあるようなので検索してみてください。

   ※登録時の注意点

    秘密の質問1~3を絶対にメモって覚えておいてください。

    次回からログインする時に聞かれます。

 ●iTunesConnectに登録にテスター登録

  ・コンプライアンス上画面を見せられないので、

   もろもろ画面は探してください。手順だけ書いておきます。

  ▼手順

  「iTunesConnect」⇒「ユーザーアクセス」⇒「テスター」を選択

   1.+ボタンで追加できるので、+ボタン押す。

   2.下記項目を入力

     姓、名、メールアドレス、パスワード・パスワードの確認

     セキュリティ質問、セキュリティ質問の答え

     生年月日、AppStoreテリトリ(日本選べばいい)

    **●メールアドレスとパスワードに注意

    後で編集する事ができないので、登録して編集することができない

    (※知ってる人がいたら教えてください・・・マジで)

    間違えた場合、削除するしかない・・・・・が

    削除したメールアドレスは2度と登録できないようなので

    メールアドレスを作り直すところからやり直すしかない

    なので必ずスクショとりましょう。

    **

 ●実機確認

    1.現在iPhoneに設定されているAppleIDをサインアウト、

    2.アプリでテスト課金の画面に来た時、購入ボタンを押す

    3.AppleIDを聞かれるので「既存のAppleID」を選んで

     「テスターに登録したAppleID」と「パスワード」を入力してください。


     


■Android

 アプリのα版登録は完了しているものとします。(自分が課金テストできた方法を記載します。)

  ・コンプライアンス上画面を見せられないので、

   もろもろ画面は探してください。手順だけ書いておきます。

 ●テストアカウントの作成

 ・テスト課金用のメールアドレス(XXX_test@gmail.com)を用意する。

 ●Google Play Developer Console の設定

  ・Google Play Developer Console にログイン

  ・設定をクリックして、下記メッセージのところにある

ライセンス テスト

このコンソールの所有者に加え、

以下のユーザーにもアプリからのライセンス テスト応答が届きます。

テスト アカウントの上限は 400 個です。

テスト用のアクセス権がある Gmail アカウント」

 ・・に上記のテストメールアドレスを追加してください

 ●リリース側のテスター設定

  ・自分が開発したアプリを選択し、「リリース管理」の「アプリリリース」を選択

  ・アルファ版の欄にある管理をクリック

  ・テスターの管理という欄があるので▽を押して展開する。

  ・テストリストに作成したテストアカウントのメールアドレスを追加。

  ・オプトインURLをメモっておく

 ●オプトインURLからテスターにする

  Googleにテストアカウントでログインする、

  先ほどのオプトインURLに遷移する。

  ↓

  「テスターになる」をクリック

 ●実機確認

    1.現在Androidの実機に関連付けられている、Googleアカウントを削除する

    2.アカウントの追加よりテストアカウントでログインする。

    3.「Google Play Store」を起動して、アカウント連携されていることを確認

    4.アプリ検索窓からアプリ名を入力して検索

    5.検索にヒットしたらインストール、オプトインURLと紐づいているアカウント以外は

     ダウンロードもできないし、インストールもできない。