Android
iOS
Unity

Unity iOS・Android課金覚書

iOS

■Apple Developer Program

 ・AppID作成(バンドルIDのワイルドカード不可)
 ・Provisioning作成(Distribution)

■iTunesConnect

 ・アプリの登録(AppID作成時のバンドルIDを設定)
 ・「機能」の「App内課金」から商品登録
   ▼参照名は何でも良い
   ▼製品ID:サーバーと連携する必要があるので一意で管理しやすい名前
   ▼価格:自由に・・・上流工程判断かも
   ▼表示名:自由にわかりやすく・・・上流工程判断かも
   ▼説明:自由に自由にわかりやすく・・・上流工程判断かも

Android

■Google Developer Console

 ・アプリの登録
 ・リリース管理にAPKを登録(150Mを超える場合はOBBファイルにする必要あり)

  https://docs.unity3d.com/Manual/android-OBBsupport.html
  https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/2481797?hl=ja

  課金のパーミッションが設定されたAPKでないとアイテム登録できないので注意

  <uses-permission android:name="com.android.vending.BILLING" />

・テスターの登録
   すべてのアプリの「設定」→「テスターの管理」からテスターを登録しておく
   リリース管理→アプリのリリース→編集あたりからテスター選択
   ※テスターが選択されてないとリリースできない

 ・ストアでの表示→ストアの掲載情報
  アスタリスク(*)がついてる項目はすべて設定する必要がある
  ▼コンテンツのレーティング
  ▼価格と配布
  ▼スクリーンショット
   ▼高解像度アイコン
   ▼ヘッダー画像
   ▼各2つの項目のスクリーンショット
    電話・タブレット
  ▼分類
  ▼プライバシー ポリシー
  ▼アプリ内サービス
   ここにアイテムを登録

 ・pemファイル作成
  これをサーバーに渡す必要あり
  ▼Google Play Developer ConsoleのサービスとAPIのページに移動し、RSA公開鍵の文字列をコピーする。
   https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/186113?hl=ja

  ▼コピーしたRSA公開鍵の文字列を貼り付けたファイル、XXXXを作成する。

Windows用コマンド(コマンドプロンプト)

$ certutil -f -decode XXXX YYYY.der
$ openssl rsa -inform DER -outform PEM -pubin -in YYYY.der -out ZZZZ.pem


Mac用コマンド(ターミナル)

$ base64 -D XXXX > YYYY.der
$ openssl rsa -inform DER -outform PEM -pubin -in YYYY.der -out ZZZZ.pem

Unity

 ・UnityServicesにログインする事(WebでUnityDashBoardにプロジェクトを作る必要あり)
  https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/SettingUpProjectServices.html

 ・課金処理をよしなに実装
 
 ・バンドルID注意
 ・Releaseビルドにする事