Mac

Mac Book Pro セットアップメモ(macOS High Sierra)

macOS High Sierra を前提とした Mac Book Pro のセットアップメモです。

TL;DR

  • macOS の再セットアップを久々に行った
  • 必要なツールのほとんどが App Store と brew で導入できる
  • この記事はそれらの導入方法の覚書

セットアップ対象

MBP 自体はいわゆる 2015 年モデルです。

スペック

トラックパッド

僕は macOS の初期化後、真っ先に変える設定がこのトラックパッドのスクロール方向です。

トラックパッド

このスクロール方向は OS X Lion で、iOS の操作に合わせてスクロール方向が変わったのですが、トラックパッドとスクリーンの操作体験は違うと思うんですよね。

キーボード

キーボード設定で以下を行います。

キーボード設定

  • キーのリピートを最速に
  • リピート入力認識までの時間を最短に
  • ファンクションキーをファンクションキーとして使用するように
  • 修飾キーの変更

修飾キーは、僕は好みで caps を Control に変更しています。High Sierra からでしょうか、Esc も割り当てられるようになっています。タッチバーの Esc はフィードバックがなくてつらいものがあるのですが、caps を Esc に置き換える前提でタッチバー付きの MBP も視野に入る可能性が出てきました(かなりの慣れが必要になりそうですが)。

修飾キーの変更

音量設定

音量設定をメニューバーで行えるようにします。

サウンド設定

ファンクションで音量調整が行えるのですが、あるいは最近の Mac Book はタッチバーがついていたりしてもっとかんたんに音量調整ができたりしますが、僕はメニューバーから調整するのが好みです。

コンピュータ名の変更

macOS は標準でローマ字のへなちょこなコンピュータ名がついてしまうので、好みに変更します。

共有設定

僕は歴代 Mac にはりんごの品種をつけていて、この MBP は「ふじ」としています。

ドック

macOS のドックは下に配置されているわけですが、プログラマとしては縦方向の領域を確保したいため、ドックは横に配置するようにしています。

ドック設定

iCloud

僕は iCloud は「Mac を探す」以外の機能を Off にしています。

iCloud 設定

ちなみに iPhone も「iPhone を探す」以外の機能を Off にしています。iCloud は便利だとは思うのですが、いかんせんおせっかいすぎるのと、容量が少ないので使わないようにしています。

日付と時刻

メニューバーに日付を表示するように設定します。

日付と時刻設定

インターネットアカウント

カレンダー同期のためにインターネットアカウントを設定します。

インターネットアカウント

連絡先は同期しません(すべて Google にあずけてある)。メモは Google Keep、リマインダーは Google カレンダーで済ませます。メールはクライアントを使わずにブラウザ上で済ませます。

円記号とバックスラッシュを入れ替え

以下のエントリを参考に、設定ファイルを作成します。

作成後、再起動すると \ キーでバックスラッシュが、option-\¥ が入力できるようになります。

Xcode

Xcode

開発に何かと必要になる Xcode をインストールします。

Swift 開発や C++ 開発を行わないのであれば Xcode Tools でも良いかもしれません。僕はやるので Xcode です。

Homebrew

Homebrew

macOS のデファクトスタンダードパッケージマネージャ、Homebrew を導入します。

以下でインストールします。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

今回は Homebrew で導入可能なものは Homebrew で導入する方針とします。

なお、macOS のもうひとつのパッケージマネージャ、MacPorts との違いは以下にわかりやすくまとめてあります。

僕も昔は MacPorts を使用していましたが、2017 年 12 月時点で Homebrew が支持され多く利用されている感じです。

Homebrew Cask

Homebrew Cask

Homebrew Cask は Homebrew の拡張で、標準で扱っていないアプリやライブラリを扱っているため、Homebrew を軸にパッケージ管理を行うのであれば導入しておくと色々とはかどります。

Homebrew Cask を導入することで:

  1. ソフトウェアの .dmg や .zip をブラウザでダウンロード
  2. マウントしたり展開したり
  3. .app をアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップ
  4. アップデート時に上記を繰り返す

というインストール・アップデート作業から開放されるわけです。

2017 年 12 月時点では以下のように導入します。

$ brew tap caskroom/cask

Web 上には Homebrew Cask のインストール方法を記したブログが散見されますが(ここもその一つですが)、情報が古くなってしまっていることがあるので、導入方法は以下公式サイトを参照するのが良いです。

iTerm2

標準のターミナルの代わりに iTerm2 を使っていきます。

iTerm2

iTerm2 は Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install iterm2

iTerm2 は以下のような設定を行います。

カラーパレット

メニューから Preferences... を選択し、Profiles タブの ColorsColor Presets... から Pastel を選択します。

iTerm Color Presets

デフォルト:
デフォルト

パステル:
パステル

このスクリーンショットではわかりづらいですが、iTerm2 の黒背景には原色よりも色合いの明るいパステルのほうが見やすいです。

ウィンドウの透過

ウィンドウを少しだけ透過させます。

ウィンドウの透過

僕は iTerm2 はほとんど全画面で運用するので、この設定はあまり使われないですが、念のため設定しています。

シェルインテグレーション

メニューから Install Shell Integration で設定します。

Install Shell Integration

この拡張を適用すると以下のようにコマンドの成否がひと目で分かるようになります。

適用前:
適用前

適用後:
適用後

単語選択設定

単語とみなす記号に # を追加します。

単語選択設定

これは Git のブランチ名に # をよく含める運用をしていて、Git のブランチ名は頻繁にコピーするためです。

例えば URL を頻繁にコピーするなら、: を追加すると良いでしょう。

Google 日本語入力

Google 日本語入力

macOS 標準の日本語入力は僕にとって使いづらいので変更します。

macOS の日本語入力は、日本語入力を行っている最中にスペースキーを押さずともどんどん自動で漢字変換を行ってくれます。こういう動作を好む方もおられるのでしょうが、僕はこの動作が僕のキーボード操作と合わないので使用しません。

Google 日本語入力は Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install google-japanese-ime

インストール後、以下のような構成にします。

入力ソース設定

英語に U.S. を、日本語として Google 日本語入力のひらがなを設定するのがポイントで、このようにすることで control-space のトグル切り替えのみでなく「かな」キーと「英数」キーでの入力切り替えが可能になります。

現在の状態がどうあれ、行いたい入力のキーを押すことで切り替わるため大変便利です。

設定は以下のようにしています。

Google 日本語入力 環境設定

¥ キーでバックスラッシュはプログラムを書く際に便利であり、スペースは常に半角入力なのも混乱しなくてよいためそのようにしています。キー設定は Windows で慣れ親しんだ MS-IME にしています。

Google Chrome

Google Chrome

ブラウザ Chrome も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install google-chrome

今までは Google Chrome をダウンロードするために Safari を起動していましたが、そんな必要はもうありません。

Clipy

Clipy

クリップボードマネージャ Clipy も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install clipy

よく使うフレーズをスニペットとして登録してキーボードだけで貼り付けられるのも便利です。

Slack

Slack

チャットツール Slack も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install slack

今時は Clipy も Homebrew で入れられるんですね!

Skype

Skype

音声コミュニケーションツール Skype も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install skype

余談ですが、Skype はバージョン 8 系になって、格段に使いづらくなりました。

  • ユーザグループがなくなった
  • 画面共有がなくなった
  • チャット検索がなくなった
  • 有料通話のアクセスが悪くなった(課金してます)

Skype は単なるコミュニケーションツールから SNS になりたがっているように見えますが・・・、どうなることやら。

Atom

Atom

テキストエディタ Atom も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install atom

Dropbox

Dropbox

クラウドストレージ Dropbox も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install dropbox

OneDrive

OneDrive

同じくクラウドストレージ OneDrive も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install onedrive

Android Studio

Android Studio

Android 用統合開発環境 Android Studio も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install android-studio

Docker

Docker

仮想コンテナ Docker も Homebrew Cask で導入します。

$ brew install docker
$ brew cask install docker

標準の Homebrew で入れている docker はコマンドラインツール、Cask で入れている Docker はツールバーに常駐する GUI ツールです。

便利なので Kitematic も入れておきます。

Kitematic

MacDown

MacDown

Markdown エディタ MacDown も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install macdown

SourceTree

SourceTree

SourceTree も Homebrew Cask で導入します。

$ brew cask install sourcetree

colordiff

diff の結果を色付きで表示します。

オリジナル

色付き

Homebrew でインストールします。

$ brew install colordiff

Haskell

Haskell

Haskell 開発ツール Stack も Homebrew で導入します。

$ brew install haskell-stack

Haskell ツール

Stack で以下をグローバルにインストールします。

$ stack install ghc-mod

ghc-mod は主に vim から使用します。

Java

Java

Java はバージョンを使い分ける必要があるので、Homebrew の tap に caskroom/versions を追加します。

$ brew tap caskroom/versions

2017 年 12 月現在、インストール可能なのは Java 6、Java 8、Java 9 で Java 7 が欠番です。こちらで議論され、プルリクエストがマージされています。原因は Oracle が Java 7 のダウンロードをログイン必須な My Oracle Support からでないとダウンロードできないようにしたためです。今のところ Java 7 を使用したい場合は My Oracle Support からダウンロードするしかありません。

Dash

Dash とは、API リファレンスビューアでありスニペット管理ツールでもある、プログラマ向けのツールです。

$ brew cask install dash

検索がものすごく速いのではかどりますが、調子に乗って API をたくさんダウンロードすると検索結果のノイズになるので、本当に必要なものだけを取捨選択すると良いと思います。リファレンスは数え切れないほどあります。

シェアウェアなので課金しないと何らかの制限があるかも知れません(しばらく使っていると表示を待たされます)。スニペット機能は使用していないのでわかりませんが、以下の記事を見るに、使いこなせればかなり便利そうです。

Cyberduck

いろいろなプロトコル(FTP、WebDAV、SCP、Amazon S3 など)に対応したファイル送受信クライアントです。

他の(例えば CarotDAV や WinSCP や Explorer や Finder)で接続できないリモートにも Cyberduck なら接続できる、ということが多々あります。クライアント証明書をきちんと扱えるというのも強いです1

以下のようにインストールできます。

$ brew cask install cyberduck

ToyViewer

ちょっとした、しかしながらプレビューではできないような画像加工は ToyViewer で行います。

App Store からインストール可能です。

TextWrangler

TextWrangler は多機能なテキストエディタですが、私は主に Visual な diff/merge ツールとして使用しています。

こんな感じで差分を見ながら編集およびマージすることができます。

(続く・・・)


  1. クライアント証明書をうまく扱えるのは Mac 版のみで、Windows 版はうまく扱えないようです