Help us understand the problem. What is going on with this article?

Chromeをvimライクに使えるようにするvimium

More than 1 year has passed since last update.

vimiumとは

http://vimium.github.io/

vimキーバインドでGoogle Chromeを使えるようにできるプラグイン
具体的には,以下のような処理をvimキーバインドでできちゃう!

  • ページ操作
    • ページのスクロール(上下)
    • リンクのクリック
    • ページを戻る/進む
    • 文字列検索
  • タブ操作
    • 新規タブ追加
    • タブの削除
    • タブの移動
  • その他の操作
    • ブックマーク検索

vimiumのインストール

chrome web storeのvimiumのページへ行きインストールを選択する.

https://chrome.google.com/webstore/detail/vimium/dbepggeogbaibhgnhhndojpepiihcmeb

vimiumの設定

プラグインをインストールすると,早速vimiumが使用可能になるが,デフォルトのキーマッピングをかえて使いやすくする.

インストール後,検索窓の右隣に以下のようなボタンが追加されている.
ボタンを押すと以下のようなメニューが表示されるので,Optionsをクリックする.

スクリーンショット 2014-08-02 19.16.30.png

すると,vimium optionsを編集できるページに移動する.キーのマッピングの編集のため,"Show advanced options"を選択する.

スクリーンショット 2014-08-02 19.19.01.png

Custome key mappingの入力ボックスに以下のように設定する.

スクリーンショット 2014-08-02 19.22.29.png

コピペ用

map h goBack
map l goForward
map H previousTab
map L nextTab
map i LinkHints.activateMode
map I LinkHints.activateModeToOpenInNewTab

設定が完了したらページの最下部にある"Save Options"をクリックする.

スクリーンショット 2014-08-02 19.28.15.png

vimiumを使ってみる

設定が完了したら早速使ってみましょう!
任意のページ上で,"i"と入力してみます.(上の設定を行っていなければ"F"などでもOK)

下のようにリンクに文字がマッピングされます.行きたいリンクの上に表示されている文字を入力すると,リンク先に移動できます!
スクリーンショット 2014-08-02 19.36.56.png

その他,"k"でスクロール(上),"j"でスクロール(下)などのvimおなじみの動作もできますし,"b"でブックマーク検索などもできます!

vimiumでできる操作とキーのマッピング(設定編集後)

操作 キー
ページのスクロール(上) k
ページのスクロール(下) j
ページを戻る h
ページを進む l
リンクの検索/クリック i
リンクの検索/クリック(新規タブ) I, F
新規タブ追加 t
タブ削除 x
タブの移動(左) H
タブの移動(右) L
ブックマーク検索 b

参考にしたサイト

http://vimium.github.io/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした