Help us understand the problem. What is going on with this article?

iOSライブラリ管理ツール「CocoaPods」の使用方法

More than 3 years have passed since last update.

CocoaPodsってなに?

iOS/Mac向けのアプリを作成する際のライブラリ管理をしてくれるもの。
これがないと自分でGitHubとかからライブラリ取ってきて、プロジェクトに手動で追加して…と大変みたい。
それを簡単に管理できるようにしてくれるんだって。

CocoaPodsのインストール

MacにはデフォルトでRubyがインストールされているので、それ前提です。

1.ruby gemを最新にする

$ sudo gem update --system

2.インストール

//今現在下記の実行ではできません

$ sudo gem install cocoapods  

//下記の実行ならいけます

$ sudo gem install -n /usr/local/bin cocoapods

3.セットアップ

$ pod setup
Setting up CocoaPods master repo
Setup completed (read-only access)

CocoaPodsをつかう

1.使いたいプロジェクトファイルに移動

$ cd ~/testProject

2.Podfileというファイルを作成し、編集

$ vi Podfile
Podfile
platform :ios, "6.0"
pod 'AFNetworking', '~> 2.0'

プラットフォームをiOS6以上として指定。
例でAFNetworkingというライブラリのバージョン2系を指定してインストール

3.指定したライブラリのインストール

$ pod install
Analyzing dependencies
Downloading dependencies
Using AFNetworking (2.2.1)
Generating Pods project
Integrating client project

※注意
この時にxcodeでプロジェクトファイルを開いていると、

[!] From now on use `testProject.xcworkspace`.

と怒られてしまうので、xcodeを閉じてから実行する。

4.確認
実行したプロフェクトファイルにtestProject.xcworkspaceというファイルが作成されるので、
xcodeprojではなく、こっちを開き、実行したりする・

5.他のライブラリをインストールするときは?
先ほどのPodfileにライブラリを追加し、

$ pod update

を実行する。

参考

iOSライブラリ管理の神ツール「CocoaPods」のインストールと使い方 (1/2)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1403/08/news008.html

satoken0417
主な担当はRuby on Rails。 その他AWSでの運用やデータ分析、Objective-Cにも手を出したり
https://twitter.com/satoken0417
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした