Edited at

Raspberry PiにUbuntu MATEをインストール + リモート接続

More than 1 year has passed since last update.

Raspberry Piに Ubuntu MATEをインストールする機会があったので,メモ.


isoファイルのダウンロード

以下のサイトから,Raspberry Piを選択.

Download | Ubuntu MATE

今回は,Torrentを使わないのでubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img.xz をダウンロードする.


xzファイルの解凍


xzのインストール

圧縮フォーマットxzを取り扱うのに,xzコマンドがMacにはデフォルトでないので,brewでインストールする.

$ brew install xz

下記を参考にファイルを解凍


Mac で xz を使用する方法

$ xz -d ubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img.xz


SDカードにOSを書き込む

SDカードにOSを書き込んで行きます.


SDカードの準備

SDカードをPCに挿した後,マウントを解除してISOファイルを書き込む必要があります.


ドライブのパスの探索

SDカードがどこにマウントされているのか分からない・・・.そこで,diskutilでマウントされているドライブを確認することができます.(external: 外付けドライブphysical: 物理接続)

$ diskutil list  

/dev/disk0 (internal, physical):
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: GUID_partition_scheme *121.3 GB disk0
1: EFI EFI 209.7 MB disk0s1
2: Apple_CoreStorage Macintosh HD 120.5 GB disk0s2
3: Apple_Boot Recovery HD 650.0 MB disk0s3

/dev/disk1 (internal, virtual):
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: Apple_HFS Macintosh HD +120.1 GB disk1
Logical Volume on disk0s2
D0FCCA57-A99D-49A6-B77D-1556D2AD7C8E
Unencrypted
/dev/disk3 (external, physical):
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: FDisk_partition_scheme *8.0 GB disk3
1: Windows_FAT_32 boot 43.8 MB disk3s1
2: Linux 7.9 GB disk3s2

/dev/disk3がSDカードであることが分かりました.


SDカードをunmount

今回は,/dev/disk3にSDカードがマウントされていたので,これをunmountします.

sudo diskutil umount /dev/disk3

これで,SDカードに書き込む準備ができました.


OSの書き込み

実際にOSを書き込んでいきます.

dd if=ubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img of=/dev/disk3 bs=1m

if : isoファイル,of : 書き込みドライブ,bs : ブロックサイズになります.

bsは1mにしていますが,1時間かかるので,もう少し値が大きくても良いと思います.

以上で,OSのインストールは終了です.あとは,初回起動時に初期設定を行うだけで使えるようになりました.


リモート環境の設定


SSH

まずは,ssh接続できるようにするため,openssh-serverをインストールします.

sudo apt update

sudo apt upgrade
sudo apt install openssh-server

これでインストールは完了です.


いざ接続の際に,port 22:Connection refusedとエラーが出るときは,RaspberryPi側の22番ポートが塞がっているので,解放します.

sudo ufw allow 22

# sshの再起動
sudo /etc/init.d/ssh restart
# 起動時にsshの起動
sudo systemctl enable ssh

これで,sshの設定は完了です.


xrdp

次に,Remote Desktop環境を整えます.


xrdpをインストールするだけなので,非常に簡単にできました.

sudo apt install xrdp

# 自動起動設定
sudo systemctl enable xrdp

これで,RDPでの接続も完了しました.


まとめ

今回は,RaspberryPiにUbuntu MATEをインストールして,SSHとRDPの環境を整えました.


ここから,色々なモジュールを入れるテストをしていかなくては・・・.


編集リクエストに対して

@Reetok さん: 参考にさせていただきました。自分の環境で実行したところ-getをつけて実行しないとパッケージが見つかりませんと出てきたので。

A: aptとapt-getがubuntu16.04の場合では,別のパッケージ管理をしているので,公式ではaptを使うことを推奨されているので.

$ sudo apt update

$ sudo apt install xrdp

でインストール可能だと思います.


参考文献

How to setup SSH server for Ubuntu MATE Raspberry Pi 2 and Raspberry Pi 3


Raspberry PiにUbuntu Mateを入れてみよう | TIPS