Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry PiにUbuntu MATEをインストール + リモート接続

More than 1 year has passed since last update.

Raspberry Piに Ubuntu MATEをインストールする機会があったので,メモ.

isoファイルのダウンロード

以下のサイトから,Raspberry Piを選択.
Download | Ubuntu MATE
今回は,Torrentを使わないのでubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img.xz をダウンロードする.

xzファイルの解凍

xzのインストール

圧縮フォーマットxzを取り扱うのに,xzコマンドがMacにはデフォルトでないので,brewでインストールする.

$ brew install xz

下記を参考にファイルを解凍

Mac で xz を使用する方法

$ xz -d ubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img.xz

SDカードにOSを書き込む

SDカードにOSを書き込んで行きます.

SDカードの準備

SDカードをPCに挿した後,マウントを解除してISOファイルを書き込む必要があります.

ドライブのパスの探索

SDカードがどこにマウントされているのか分からない・・・.そこで,diskutilでマウントされているドライブを確認することができます.(external: 外付けドライブphysical: 物理接続)

$ diskutil list  
/dev/disk0 (internal, physical):  
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER  
   0:      GUID_partition_scheme                        *121.3 GB   disk0  
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1  
   2:          Apple_CoreStorage Macintosh HD            120.5 GB   disk0s2  
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3  

/dev/disk1 (internal, virtual):  
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER  
   0:                  Apple_HFS Macintosh HD           +120.1 GB   disk1  
                                  Logical Volume on disk0s2  
                                  D0FCCA57-A99D-49A6-B77D-1556D2AD7C8E  
                                  Unencrypted
/dev/disk3 (external, physical):
#:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
0:     FDisk_partition_scheme                        *8.0 GB     disk3
1:             Windows_FAT_32 boot                    43.8 MB    disk3s1
2:                      Linux                         7.9 GB     disk3s2                                

/dev/disk3がSDカードであることが分かりました.

SDカードをunmount

今回は,/dev/disk3にSDカードがマウントされていたので,これをunmountします.

sudo diskutil umount /dev/disk3

これで,SDカードに書き込む準備ができました.

OSの書き込み

実際にOSを書き込んでいきます.

dd if=ubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img of=/dev/disk3 bs=1m

if : isoファイル,of : 書き込みドライブ,bs : ブロックサイズになります.
bsは1mにしていますが,1時間かかるので,もう少し値が大きくても良いと思います.

以上で,OSのインストールは終了です.あとは,初回起動時に初期設定を行うだけで使えるようになりました.

リモート環境の設定

SSH

まずは,ssh接続できるようにするため,openssh-serverをインストールします.

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install openssh-server

これでインストールは完了です.

いざ接続の際に,port 22:Connection refusedとエラーが出るときは,RaspberryPi側の22番ポートが塞がっているので,解放します.

sudo ufw allow 22
# sshの再起動
sudo /etc/init.d/ssh restart
# 起動時にsshの起動
sudo systemctl enable ssh

これで,sshの設定は完了です.

xrdp

次に,Remote Desktop環境を整えます.

xrdpをインストールするだけなので,非常に簡単にできました.

sudo apt install xrdp
# 自動起動設定
sudo systemctl enable xrdp

これで,RDPでの接続も完了しました.

まとめ

今回は,RaspberryPiにUbuntu MATEをインストールして,SSHとRDPの環境を整えました.

ここから,色々なモジュールを入れるテストをしていかなくては・・・.

編集リクエストに対して

@Reetok さん: 参考にさせていただきました。自分の環境で実行したところ-getをつけて実行しないとパッケージが見つかりませんと出てきたので。
A: aptとapt-getがubuntu16.04の場合では,別のパッケージ管理をしているので,公式ではaptを使うことを推奨されているので.

$ sudo apt update
$ sudo apt install xrdp

でインストール可能だと思います.

参考文献

How to setup SSH server for Ubuntu MATE Raspberry Pi 2 and Raspberry Pi 3

Raspberry PiにUbuntu Mateを入れてみよう | TIPS

sasayabaku
”初心者さんに易しく"をモットーに,のんびり書いています.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away