Help us understand the problem. What is going on with this article?

aws-mfa で MFA 強制した IAM ユーザーの AWS アクセスキーを簡単に更新する

背景

IAMユーザーにMFA強制して、アクセスキーを発行すると、物事が煩雑になります。AWSによると以下のようにやる必要があります。

aws sts get-session-token が返してきたJSONを jq でバラして環境変数にセットするなど、ワンライナーで頑張りようはありますが、複数AWSアカウントにまたがると、かなり厳しいものがあります。

aws-mfa というPython製CLIツールを使うと、取り回しがかなり簡単になりますので紹介します。

つかうもの

インストール手順

$ pip3 install aws-mfa

IAM の設定

  • IAMユーザーを作成します
  • MFA強制します
  • アクセスキーを発行します

awscli の設定

さきほど発行したアクセスキーで、プロファイルを作ります。 aws-mfa の規約に従い、プロファイル名の末尾に -long-term というのを付けて作ります。アクセスキーとシークレットアクセスキーを入れて作ります。

$ aws configure --profile hoge-long-term
AWS Access Key ID [None]: AKIAXXXXXXXXXXXXXXXXX
AWS Secret Access Key [None]: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: json

もうひとつ、 -long-term外した名前のプロファイル も作っておきます。こちらはアクセスキーとシークレットアクセスキーは空欄で作ります。

$ aws configure --profile hoge
AWS Access Key ID [None]: 
AWS Secret Access Key [None]: 
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: json

実行後、こうなってるはず。

$ cat ~/.aws/config
[profile hoge-long-term]
region = ap-northeast-1
output = json
[profile hoge]
region = ap-northeast-1
output = json
$ cat ~/.aws/credentials
[hoge-long-term]
aws_access_key_id = AKIAXXXXXXXXXXXXXXXXX
aws_secret_access_key = XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

もうひと手間いれて、後で楽できるようにします。IAMユーザー画面から、MFAデバイスのARNをコピってきて、 ~/.aws/credentials のプロファイル hoge-long-termaws_mfa_device というのを追加し、MFAデバイスのARNをセットします。以下のように。

$ cat ~/.aws/credentials
[hoge-long-term]
aws_access_key_id = AKIAXXXXXXXXXXXXXXXXX
aws_secret_access_key = XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
aws_mfa_device = arn:aws:iam::123456789012:mfa/user

aws-mfa を実行

プロファイル名は -long-term外したもの を指定します(わかりにくい)。実行すると Enter AWS MFA code for device で止まるので、MFAデバイスに表示された数字を入力します。

$ aws-mfa --profile hoge
INFO - Validating credentials for profile: hoge
INFO - Short term credentials section hoge is missing, obtaining new credentials.
Enter AWS MFA code for device [arn:aws:iam::123456789012:mfa/user] (renewing for 43200 seconds):123456
INFO - Fetching Credentials - Profile: oct-dev, Duration: 43200
INFO - Success! Your credentials will expire in 43200 seconds at: 2019-10-01 17:55:38+00:00

MFAの数字を入れ、成功すれば、有効期限やらが表示され、裏では ~/.aws/credentials に有効期限つきのシークレットキーなどなどが設定されています。

$ cat ~/.aws/credentials
[hoge-long-term]
aws_access_key_id = AKIAXXXXXXXXXXXXXXXXX
aws_secret_access_key = XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

[hoge]
assumed_role = False
aws_access_key_id = ASIAXXXXXXXXXXXXXXXXX
aws_secret_access_key = YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
aws_session_token = WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
aws_security_token = ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
expiration = 2019-10-01 17:55:38

awscli で操作

awscliなどで何かやるとき、プロファイル名は -long-term外したもの を指定して実行します。以下のように。

$ aws --profile hoge s3 ls

アクセスキーが有効期限切れしたら

初回とまったく同じように aws-mfa を実行すれば、 ~/.aws/credentials を更新してくれます。

$ aws-mfa --profile hoge

もうちょい有効期限を長め/短めにしたい

duration オプションに秒数指定で、任意の期限に設定できます。ただし指定できるのは15分から36時間の範囲です。

$ aws-mfa --duration 秒数 --profile hoge

IAM と awscli の仕組みでは、

  • MFAでガードされた無期限のAWSアクセスキーを使って、
    • MFAでガードされてるので、他人は使えない
  • MFAでガードされていない期限付きのAWSアクセスキーを発行する
    • 期限付きなので、期限切れたら使えない

ことで、従来の

  • MFAでガードされていない無期限のAWSアクセスキーを発行する

にくらべて、アクセスキー漏洩した際のダメージ期間を限定することができます。できますが、期限付きAWSアクセスキー発行の手順が面倒臭すぎて、二の足を踏んでいました。

aws-mfaで簡単にできますので、使っていきましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした