Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

swiftのOptional変数について

More than 5 years have passed since last update.

いろいろ調べて見た結果下記のようなことなのかなぁと思った次第。
取り合えずメモ代わりに。

Optional変数

  • swiftの変数はいわゆるC++などで言うリファレンス。
  • 何も参照していない変数は、nilが入っている。
  • が、普通に宣言した変数にnilを入れることができない。
  • 宣言時に型名の後ろに?を入れることで、nilをとることができるようになる。
var optional_value : String? // nilが入ってる。
var str : String = "sample"
optional_value = str         // OK
str = optional_value         // NG

Optional変数は、ベースになる型をラップしているイメージ。というかだからwrapping、って呼ばれてるんだ、っと気づいた。
ラッピングを解かないともとの型としては使えない。

ラッピングをとく。

var optional_value : String? // nilが入ってる。
optinal_value!               // nilなら実行時エラー
if let val = optional_valu {
    val                      // nilかどうかをチェックしてからvalに代入
}

何のためにあるのか

  • nilが入っている可能性がある値を明示的にする。
  • これにより、コンパイラのnil値アクセスのチェックが簡単になる。
  • nilを返すことがある可能性のある関数の戻り値を使うときはOptional変数で受けてラッピングを解いてから使う。この作法により、プログラマもnilの存在を意識したコードに注意が行くようになる。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away