Posted at
EmacsDay 21

複数のEmacsでバッファを共有してペアプロできるpairpro.el作りました。

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

ペアプロや、他の人の環境を使ってコードを書くときに

「自分のEmacsを使えれば、もっと素早くかっこよくプログラムを書けるのに」

って思うことはありませんか?

ありませんか・・・

無い気もするし、ファイルを交代に編集すればいいだけかなって思ったのですが、

バッファ共有してペアプロする拡張を作りました。


動作イメージ


起動時

起動すると、バッファ共有した状態で起動します。

起動時


ペアプロ時

あとは、一方でコードを変更する度に、他方に反映されます。

ペアプロ時


利用方法


取得

cd ~/.emacs.d/site-lisp/

git clone https://github.com/sanryuu/pairpro.git


設定

;; 昔ながらの設定の追加

(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/site-lisp/pairpro")
(require 'pairpro)

;; Emacs起動のコマンド
(setq pp-command-emacs "/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs")

;; ゲストの設定ファイルのPath
(setq pp-pair-setting-file "~/.emacs.d/pair/init.el")

;; pairpro.elのファイルPath
(setq pp-file "~/.emacs.d/site-lisp/pairpro/pairpro.el")

;; 共有ファイルのディレクトリ
(setq pp-sync-file-dir "/tmp/")

;; ゲスト用の一時ファイルのディレクトリ
(setq pp-tmp-file-dir "/tmp/cache/")


起動

起動するときは、ペアプロしたいファイルを開いた状態で、

以下のコマンドで起動します。



M-x pp-start-pairpro


まとめ

作って使ってみて、やっぱりネット越しの相手ともバッファ共有したいなーっと思いました。

リアルな場にいてもキーボードの設定で困ることがあったり、別マシン上のEmacsのバッファを共有するのは価値がある・・・かも・・・

気力があったら、継続します。