Help us understand the problem. What is going on with this article?

HerokuにPHPをSorceTreeからデプロイしてみよう

More than 1 year has passed since last update.

簡単に制御するための覚え書き

■HEROKUにアクセス

https://dashboard.heroku.com/apps
2018-04-26.png
[Create New App]を選択し、新しいAppを作成します。
(注意:ユーザ作成などは別なサイトを参考にしてください)

■App作成

2018-04-26 (2).png
App Name のところに今回使用した名前を自分で決めて入力してください。
名前に問題なければ[Create app]のボタンが押せるようになります。
(注意:名前には大文字が使えないの注意してください)

■HEROKUのGitアクセス場所を知る

2018-04-26 (3).png
App作成が完了したあとに[Settings]を選択する事で、NameがApp作成時に指定した名前と同じものと確認できます。
(今回は 「test01php」 となっています)
そして[Heroku Git URL]という部分に書かれているのがHerokuのGitURLになりますので、それを覚えてください。
(今回は「https://git.heroku.com/test01php.git」になってます)

■SorceTreeにクーロン登録

SorceTreeを起動し[Clon]ボタンを選択してください。
以下のような画面になったら
2018-04-26 (6).png
Cloning is even easuer if you set up a remote accountの下の入力欄にHerokuのGitURLを書きます
(今回は「https://git.heroku.com/test01php.git」になってます)
その下の入力欄には、自分のローカルディレクトリを指定してください。
しばらくすると[クーロン]ボタンが押せるようになりますので、選択し作成してください。

■index.php作成

ローカルディレクトリに[index.php]を作成し中身は
php:index.php
<?php
echo "Hello Heroku World!";
?>

な感じで作成し、コミット+プッシュをします。
2018-04-26 (10).png

■PHPの動作確認

先ほど作成した、HEROKUの管理画面で[Domains and certificates]にかかれたURLがあります。
(今回は [https://test01php.herokuapp.com/])
2018-04-26 (3).png
実際このURLにアクセスしてみると

2018-04-26 (11).png

という画面が出て完成です。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away