Help us understand the problem. What is going on with this article?

Firestore で、DB設計を考える際に参考になった情報

Firestore におけるDB設計

DB設計について考える場合、そもそもFirestoreのようなドキュメント指向のNoSQLデータベースではどんなDB設計をするべきなのか、いろいろと情報を漁ってみました。

以下は、いろいろ調べた中で、個人的に参考になった記事です。
おそらくFirestore のDB設計について考える場合、今回挙げた記事は、何度も読むことになりそうなので、備忘録的に残すことにしました。

NoSQLデータモデリング技法

https://gist.github.com/matope/2396234

参考になった点

  • Firestore に限定されず、NoSQLデータベースとしてのプラクティスが網羅されている
  • いきなり具体例ではなく、概念から解説してから、具体的な技法について解説している
  • RDBでは、基本的には、正規化を徹底するが、NoSQLデータベースでは、非正規化を許容する、むしろ活かす

Firestore Database Design

参考になった点

  • Firestore にフォーカスしている
  • Firestore の基本的なデータモデルの概念であるコレクションとドキュメント・サブコレクションについて、図だけで十分伝わる
  • Firestore を使った場合の開発の特徴(Client Side Join) についての言及している
  • リレーションを Firestore ではどのように表現するか具体的なクエリ共に解説されている
  • セキュリティルールについて取り上げている
  • データの冗長化について取り上げている

Cloud Firestoreの勘所 パート2 — データ設計

参考になった点

  • ブログサービスというかなり具体的な例を用いて、設計について解説しているのが超絶わかりやすかった
  • 上2つの記事を読んで、事前情報を知った上で、再度読むとより理解が深まった

Get to know Cloud Firestore

Firebase公式のYouTubeチャンネルです。

参考になった点

  • 安定安心の公式の情報源というだけでなく、RDBと比較して、Firestore について、しっかり解説をしている
  • 全て英語ですが、字幕もあり、動画内で説明用に出る図もわかりやすい

Cloud Firestore Data Modeling (Google I/O'19)

こちらもFirebase公式の動画。

参考になった点

  • FirebaseのYoyuTube公式チャンネルにて、Firestore の解説動画を担当されている方のセッション
  • Firestoreが、正式リリースされてから半年以上は経った上で、改めてFirestore におけるデータモデリングのあり方を教えてくれる。
  • 図解を交えて、非正規化で重複したデータが存在する状況で、どうデータ整合性を担保するかを解説してくれている
samuraikun
トッキョーで、ウェッブエンジニャーやってます。 フロントエンドやサーバレスまわりの技術が大好きなので、そこらへんでいろいろ知見を共有していきたいです🚀
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした