Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows向けのプログラム(ここでは、FLEXlm)を強引にLinuxで動かす。

ベンダーにライセンスサーバのMACアドレスを書いて下さい。と言われ、書いて、送って、届いたものの、
ライセンスサーバにWindowsを指定されてしまっていたりすると困りますよね?

弊社では、サーバは、Linux派なのだ。困った。とは、事前確認をするので、ならないと思いますが、
Linux用のバイナリを用意してくれないベンダはたくさんあります。
太い客ならば、札束でひっぱたきながら用意するのが当然でしょ?って言ってみるのはあるかもしれません(笑)

細い客は諦めるしかありません。
でもやはり、たかだか、一つのバイナリを動かすためだけに、Windowsを使いたくないなどあると思います。

  • ライセンスコストがかかる。
  • 勝手に再起動するかもしれない。
  • GUIがデフォルトでめんどくさい。
  • リモート操作しにくい。
  • キーボードのみで操作しにくい。
  • カーネルが重いので仮想化しにくい。
  • メモリをたくさん食う。
  • サポートが短い。

というときは、技術で解決。
LinuxでWindows向けのプログラムを動かしてしまいましょう。

これを、やっていいのかどうかは、ライセンス契約を確認しておきましょう。
やってよかったとしても、問い合わせるとサポートできないゆえに難色を示されることでしょう。

wine

UNIX上でWindowsアプリを動かそうという目的のもと、かなり昔から開発されているプロジェクトです。オープンソースで開発されています。
仮想マシンのような大それたものではなく、ただの互換レイヤーなので軽量に動きます。
WindowsのAPIをUNIX上で実装したものです。

デスクトップアプリケーションのような複雑なプログラムであれば、色々と問題も多いのですが、軽量なプログラムなら意外とすぐに動いてしまいます。

exeが32bitプログラムだったとき

有名なレポジトリにあるwineは64bitプログラムしか動きません。かといって、i686版は、公開されてません。
野良rpmが公開されているので仕方なく入れてしまいましょう。

yum -y install https://harbottle.gitlab.io/wine32/7/i386/wine32-release.rpm
yum -y install wine.i686

Windowsのパッケージのなかのlmgrd.exeとライセンスファイルを同じフォルダに入れて、頭にwineをつけて実行しましょう。

wine lmgrd.exe -z -c %licfile%

びっくりすることにこれでもう動いてしまいます。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away