Edited at

突然認識しなくなったREGZAのHDDを修復


背景

REGZAに外付けHDDを使用していた所、突然以下メッセージが表示されました。

「新しいUSBハードディスクを検出しました。

登録を行いますか?

登録時にハードディスクは初期化されます。」

※修復する場合にはこのメッセージが表示されても「はい」は押さない事、全てのデータが削除されます。


REGZAの録画に使われるファイルシステムはxfs

WindowsやMacからは録画ファイルを見ることすら出来ませんが、

Ubuntuからはxfsのマウント、xfs_repair(ファイルシステムの修復)やREGZA HDD Repairが使用可能です。


目的


  • ハードディスクの物理故障等の確認

  • 既存の録画データをREGZAにて視聴できる状態に戻す


確認した事

1,2は必ず確認を行ってください。


1. 動作中のHDDから異音がしないか確認

動作中にカチッカチッと音がする場合は物理故障の可能性が高く、

以降の手順ではデータの復旧・修復は不可能


2. HDDの健康状態を確認

該当HDDをPCに接続した状態で、CrystalDiskInfoを実行します。

「正常」と表示されている場合は健康状態には問題なく、xfs_repairやREGZA HDD Easy Repairを実行してもよい状態です。

image.png

「注意」と表示されている場合には、不良セクタの修復を行う必要があります。

不良セクタの修復とは、不良セクタを使用できる様にするのではなく、不良セクタを使用しない様にマーキングしておく事


3. Ubuntu 12.04 Desktop環境を用意する

xfs_repair , REGZA HDD Easy Repair を実行するためにUbuntu12.04環境を準備します。

また、REGZA HDD Easy Repairは32bit向けのツールのため、Ubuntuも32bit版を使用します。

Ubuntu18.04で32bitパッケージを取得して試しましたが、パッケージの互換が取れず苦労したため諦めました。


USBにUbuntuをインストールする

Rufus 1.1.1Ubuntu 12.04 Desktopイメージ をダウンロードし、USBメモリへインストールを行いました。

ここでは今後このUSBメモリを UbuntuUSBと呼びます。

USBメモリは手頃な価格のCruzer Spark16GBを使用しました。

image.png

最新のRufusを使用しインストールをすると起動できなかったため、

Rufus 1.1.1を使用してください。


4. UbuntuUSBを起動

UbuntuUSBを起動し、「Try Ubuntu」又は「Try Ubuntu without installing」を選択する事で、UbuntuLive環境が起動されます。

ここで行ったUbuntuの設定変更等はシャットダウン時に削除されます。

デスクトップが表示されたら、次の手順を行います。

image.png


5. UbuntuUSBでデバイスファイルを確認

ファイルマネージャで /usr/share/applications/に移動します。

そこにあるterminalをダブルクリックして実行し、以下コマンドを実行します。

$ sudo su # ubuntuユーザーからrootユーザーに切り替え

$ parted -l
# 出力された内容を確認し
# 該当のHDDのデバイスファイルを確認する
# デバイスファイル ・・・ sda、sdb、sdcと表示されている部分


6. UbuntuUSBでマウントできるか確認

ファイルマネージャで /usr/share/applications/に移動します。

そこにあるterminalをダブルクリックして実行し、以下コマンドを実行します。

$ sudo su # ubuntuユーザーからrootユーザーに切り替え

$ mount /dev/sde1 /mnt # デバイスファイルを指定してマウントする


マウントに失敗した場合

マウントに失敗する場合には、ファイルシステムの故障が疑われます。

xfs_repairを実行して修復を行います。

$ xfs_repair /dev/sde1 # デバイスファイルを指定してxfsファイルシステムを修復

エラーが出ずにコマンドが終了した場合には、マウントできるかもう一度確認します。

マウント出来る様になった場合、REGZAに接続しなおす事で使用できる様になっている可能性があります。


7.REGZA HDD Easy Repairを実行

編集中


手順がうまくいかない、復旧できなかった

ヤフオクで代行作業をしてくれる方がいるため、代行依頼を行うのも一つの手です。(私とは無関係です)


参考