Help us understand the problem. What is going on with this article?

比較的軽い気持ちでmacOS Catalinaを試そう

More than 1 year has passed since last update.

SwiftUI + Xcode 11をフルにお試しできるmacOS Catalinaを、できるだけ簡単に、かつ普段の環境に極力影響を与えることなく使ってみましょう。
※普段の環境に影響がないことを保証するものではないため、万が一のデータ破損・消失に備えてください。

パーティションを区切らずデュアルブートできます

Mojaveをインストールしたアップグレード対象MacでAPFSフォーマットなら条件は満たしています。
2019/6/5時点ではもちろんApple Developer Programに加入している必要もあります。

disk.jpg

ディスクユーティリティの「パーティション作成」ボタンから、パーティションを作成せず「ボリュームを追加」1
その後Catalinaのインストーラーを起動し、インストール先を新規作成したボリュームにすればOKです。
OSの切り替えはBoot Campと同様に起動時Optionキーから。
詳しくは公式ドキュメントをどうぞ。
個別の APFS ボリュームに macOS をインストールする

ボリュームならSSD容量を節約できます

「ボリュームを追加」する場合はこれ単体で領域を占拠せず、親のAPFSパーティションを共有します。
Catalinaのテストのために最大で何GB必要だろう……と悩む必要はありません。
Mac の複数の APFS ボリュームで領域が共有されているかどうかを「システム情報」で確認する

NDAに注意

Appleのβ版やPreview版の内容はNDA縛りがあるはずなので、うっかり中身に言及した記事を書かぬよう気をつけましょう。
本投稿はApple社の公開WebページおよびmacOS Mojaveの機能に基づいています。


  1. ボリュームの+ボタンでも、対象SSDの右クリックメニューからでもいいようです。 

sak65536
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away