Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS サービスがどこにあるのかまとめ

 AWS 上のセキュリティや NW 構成を考えるにあたって、どのサービスがどこにあるのか、AZ サービスなのか、リージョンサービスなのか を考える機会が多く、自分の頭の整理のため簡単にまとめます。

まとめた図

 サービスの「場所」を表現する為の図です、全エッセンスを入れるとゴチャゴチャするので、一部省略しています。
Image

説明

 代表的なもの以外(というか個人的に普段使わないもの)は入れてなかったりします。サービスと呼んでいいのかわからないものも混ぜ込みました。

  • AZ サービス
    • Subnet
      • サブネット単位で必要となる NAT Gateway / NACL も AZ サービス
    • EC2
      • AZ単位で設定する EBS / Placement Group も AZ サービス
    • RDS
    • ELB 1
    • ElasticCache
    • Redshift
  • リージョンサービス
    • VPC
      • VPC毎に必要となる Security Group / VPC Endpoints / VPC Peering / EIP も リージョンサービス
    • Auto Scaling
    • S3 2
      • バックエンドで S3 を利用している EBS Snapshot / AMI も リージョンサービス
    • DynamoDB
    • SQS
    • CloudSearch
    • Lambda 3
    • API Gateway 3
    • Code 兄弟
  • グローバルサービス
    • IAM
    • Route53
    • CloudFront
    • WAF
    • Key Pair 4

 誤りあれば、ご指摘ください。


  1. リージョンサービスにも見えますが、実態は Multi-AZ で AutoScaling なインスタンスです、図示する場合は Subnet の間に書くのがよいです 

  2. S3 はサービスとしてはグローバルで、データはリージョンに配置されます  

  3. 指定した VPC / Subnet 内に起動することもできるが、Endpoint(ARN)はリージョン 

  4. EC2キーペアはリージョン毎、RSA キーペアはグローバル 

saitotak
羊なので毎日ふわふわしています
infra-workshop
インフラ技術を勉強したい人たちのためのオンライン勉強会です
https://wp.infra-workshop.tech/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした