Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubの基本的な使用方法

※使用環境:Windows10, Cloud9, GitHub

railsチュートリアルをCloud9上で進めるうえで必須なコマンドをまとめました。

新規アプリの場合

①ターミナル上でcdコマンドを用いて保存したいフォルダ階層に移動する(例はsample_appを保存したい場合)

$ cd Cloud9User:~/environment/sample_app

②git initでセットアップ

リポジトリ作成に必要な作業

$ git init

③git add -A

ステージングで変更したファイルを選択する。
-Aで現在のディレクトリのファイル全て選択できる。

$ git add -A

例えばREADME.mdのみ変更した場合はgit add README.mdとすればよい

④git commit -m "変更コメント"

-mコマンドでメッセージを挿入

$ git commit -m "変更コメント"

⑤GitHub上でリポジトリ作成

GitHubアカウント登録が必要です。(無料)
ログインして右上のアイコンをクリックして"Your repository"をクリックします。
"New"を選択し、"Repository name"にアプリ名(例の場合はsample_app)にして"Create repository"をクリックします。

⑥GitHubをリポジトリのoriginとする

git remote add origin https://github.com/(gitHubユーザー名)/(リポジトリ名).git

⑦ステージングで選択したフォルダ(ファイル)をプッシュする

以下のコマンドを入力します。
ユーザー名とパスワードが要求される場合があるのでGitHubのユーザー名とパスワードを入力します。(パスワード入力の文字は表示されないので注意)

$ git push -u origin --all

途中から始める場合

ブランチ(branch、分岐)を利用すると途中で戻りたくなった場合に復元できます。

branch作成

$ git checkout -b (baranch名)

branch確認

$git branch
  master
* modify-README

*は現在使用しているブランチになります。

Merge(マージ)

ファイル変更が終わってmasterに変更内容を反映させたい場合、Mergeを行います。
変更内容がわかるようにまずcommitでコメントを残してからmergeするとよいでしょう。

$ git commit -a -m "変更内容コメント"
$ git checkout master
Switched to branch 'master'
$ git merge (branch名)

変更内容を確認

git statusで現状の変更内容を確認できます。
git logでコミットメッセージの履歴を確認できます。

前のbranchに戻りたい場合

$ git branch
* master
  modify-README

の状態で

$ git checkout modify-README
Switched to branch 'modify-README'

となるが

$ git checkout -
Switched to branch 'master'

とするとブランチを切り替える前の状態に切り替えられる。

クラウドIDE上でHerokuをインストールするコマンド

$ source <(curl -sL https://cdn.learnenough.com/heroku_install)
saigu
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした