Help us understand the problem. What is going on with this article?

micro:bit Pythonでプログラミング

概要

micro:bitをPythonでプログラミングする方法についてのメモ

micro:bitにプログラミングする方法

micro:bitへのプログラミング方法は公式のサイトで2種類の方法が提供されています。

1つはMakeCodeエディターと呼ばれるドラッグアンドドロップできるブロックを使用したGUIベースのプログラミング方法で、子供がプログラミングをはじめる場合にはこちらがオススメだと思います。ただ、日本語で使う場合は漢字に振り仮名などはついていないので、小さいお子様の場合は一掃のこと英語でやってしまった方が将来的には良いかもしれません。

https://makecode.microbit.org/

もう1つはPython Editor for micro:bitを使ってPythonでプログラミングする方法。

https://python.microbit.org/v/2.0

いずれもブラウザ上で操作するツールとなっていますが、ファイルをアップロードすることもできるので、Pythonの場合はローカルで編集して、ファイルをアップロードしたものを使うという方法の方が使い勝手が良いかもしれません。

また、Python Editor for micro:bitでは、micro:bitにプログラムデータを書き込む(Flash)する際にWebUSBという方法でmicro:bitと接続するようなのですが、このWebUSBはブラウザがChromeでないと対応できないようです。

Hello world

micro:bitのhello worldはこんな感じです。

from microbit import *
while True:
    display.scroll('Hello, World!')

これをmicro:bitに書き込むと、micro:bitの5x5のLED上に'Hello, World!'の文字が流れていきます。

micro:bitへの書き込みは、PCとmicro:bitをmicroUSBケーブルで接続し、
1. エディタ左上のConnectをクリック
2. micro:bitと繋がったら、Flashをクリック
で完了です。
簡単ですね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした