JavaScript
Electron

ざっくりした初めてのElectron

More than 3 years have passed since last update.

※社内勉強会で使った資料です。発表時は口頭で色々説明したり、コード映したりしたのでわかりづらいとこありますがご容赦ください。

Electronとは?

開発

最初はこのへん見るといい

その他できること

  • デスクトップ通知
    • HTML5のNotification APIを使う

デバッグ

レンダラープロセスはDevToolが普通に使える。リロードすれば変更は反映される。

メインプロセスはちょっと面倒。console.logはターミナルにでる。変更を反映するには、一旦プロセスを終了して再実行。
node-inspector使えば、DevTool使えるっぽいが、自分の環境だとうまくいかず。。。

Debugging Main Process

アプリのパッケージング・配布

30分で出来る、JavaScript (Electron) でデスクトップアプリを作って配布するまで - Qiita

electron-packager使うといいらしい。
アイコン変えたりアプリ名変えたりできる。

その他

環境を整えるのがめんどい

  • coffee? typescript? ES6?
  • gulp

ぼくのかんがえたさいきょうのElectron - Qiita を参考にするとよさそう。

ちゃんと設計しないと大変

ぼくのかんがえたさいきょうのElectron - Qiita によると、Angularはやめた方がよさそう。

AngularJSはViewと関係の無い機能も含まれた(Webブラウザを動作環境とするという意味においての)Full Stackなフレームワークです。
例えば、通信系の機能について、Ajaxをラップした$http や Promise実装である $q 等が最初から含まれています。
一方、Electronの開発では、Node.jsで出来ることは素直にNode.jsの機能を使った方が早いことも多く、ライブラリも豊富です。HTTP通信をしたければ、素直にrequire('http').requestを呼び出せば良いのです。
そんなことを考えた結果、シンプルなViewフレームワークであるReactを選択しました.