Help us understand the problem. What is going on with this article?

SignalFxでAWSのモニタリングをやってみる

More than 1 year has passed since last update.

SignalFxでAWSのmonitoringをやってみる

前にはほぼデフォルトでリソースの取得からdashboardの作成までやってみたので、今回はawsのデータを収集してみようかと思います。

https://qiita.com/saeoshi/items/8898c0a34d52c71906d7

Intergationの画面をみると、Cloudwatchからデータを引っ張ってくるみたいですね。

Screen Shot 2019-11-05 at 12.32.28 PM.jpg

Setup

SignalFx用のIAMロールの作成

下記を参考に、policyを作成してロールに紐づけてください。

https://docs.signalfx.com/en/latest/integrations/amazon-web-services.html#connect-to-aws

SignalFx側に設定

Integration→Amazon Web serviceを選択すると、ARNか、Access key/Secret IDを登録する画面が
出てくるので入力します。

Screen Shot 2019-11-05 at 12.59.02 PM.jpg

Metricsの確認

設定後、数分でcloud watch側からのデータがsyncされ、metricsが見れるようになる。
Metrics画面に移動すると、下記のように各サービスが選択できるようになる。

Screen Shot 2019-11-05 at 12.43.56 PM.jpg

EC2をクリックしてみると

Screen Shot 2019-11-05 at 1.10.12 PM.jpg

設定されてるMetricsが取得可能になっていることが確認でできる。
ちょっとみづらいけど、、、

Screen Shot 2019-11-05 at 1.17.36 PM.jpg

Dashboardの確認

cloudwatchからデータを取得すると、EC2やRDS用のDashboardが自動で作成される。
Dashboard画面にいくと、下記にような形で表示されている。

Screen Shot 2019-11-05 at 1.21.32 PM.jpg

Screen Shot 2019-11-05 at 1.21.45 PM.jpg

最後に

結構簡単に取れるので、そこそこ便利かな〜という印象です。
アプリケーションのトレースが強いみたいなので、そこは後日やってみたいと思います。

saeoshi
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away