VSCode

vscode tips(適宜更新)

概要

vscodeのインストールを自動化してどの環境でも簡単に設定できるようにしたい。

extensionはUIのマーケットプレイスからしかインストールしたことなかったので、chefやansibleなどでextensionのインストールの自動化ってどうやってするのかなと思い調査。

install方法

% code --install-extension <extension id>

でインストールはcliからすることができる模様。
ちなみにextension idはUnique Identifierの事を指しているようでpackage.jsonpublisher.nameで生成されている(気がする)。
複数インストールしたい場合

% code --install-extension <extension id> --install-extension <extension id2>

のように指定する必要が今のところある模様(1.21.0)

ちなみに既存のインストールされているextensionのリストは

code --list-extensions

確認できる。

キーボードショートカット

公式
https://vscode-doc-jp.github.io/docs/getstarted/keybindings.html

画面の分割と統合

分割 : cmd + \ , command: workbench.action.splitEditor
結合 : 2つのグループのエディタを結合 -> defaultでは特に定義されていないので自分で設定して(自分はcmd + ') command: workbench.action.joinTwoGroups

タグジャンプ

定義先へジャンプ : cmd + click
定義から使用されている所へジャンプ(正確にはすべての参照先を検索) : shift+f12, command: editor.action.referenceSearch.trigger
ソースを移動した後移動元へに戻る: ctrl + -

見た目をいい感じにする調整

パンくずリスト: breadcrumbs.enabledをtrue

参考リンク

公式のドキュメントに普通に書いてあった。
https://code.visualstudio.com/docs/editor/extension-gallery#_browse-and-install-extensions
はぁまたインターネッツに重複した情報を流してしまった。。。