Qiita
Vim
ポエム
デザイン,UI
Qiita詩人同盟

やあやあ、ごきげんよう。🐱です。故あって俗世でもうちょいお付き合い下さい。これで何重管理になるんだろう。

今日はデザインのおはなしをしましょう。

HackMD最高ー!

この美しいプロダクトをご覧ください。

667B71B1-E0DF-4EF6-8233-DF0DBBC0F81D.jpeg

Markdownの驚嘆すべきところは、その信じられない学習コストの低さにある。

Facebookからログイン出来ますので、インターフェースの命ずるままぽちぽちしてみなよ(専門用語で"アフォーダンス"と呼びます)。

どうだ? 画面上にボールドのボタンがある。押してみよう。ボールドになる。そのうち、カーソル移動が面倒になって、Markdownを直で書くようになるだろう。タグが表示されているからだ。

Hell yeah!!! 諸賢は最高にCoolなEngineerだ。最高にCoolなEngineerは機械の怠惰に一切容赦しない。

Qiitaはしのごの言ってねえで、さっさとボタンをつけろ。

さらに言うと、HackMDはバークレーの学生さんたちが作ってる。ツイッターで問い合わせをしたらすぐ答えが返ってくるよ。

"俺たち、お前をサポート出来ることにマジエキサイトしてるぜ!"だってさ。たまんねえな。わたしたちにぴったりのBuddyだと思わないか? コーヒー奢ってて寄付募ってる。コーヒー一杯くらい、いいだろ?

ぴあの

Pianoをご存知か? 早速諸賢の認識をハックさせてもらうぜ。

あれは、弦楽器だ

鍵を押すと、ハンマーが動き、弦を叩く。鍵は何種類ある? そう、2種類。白と黒。

基本的にピアノは半音ずつ上下する。ドレミファソラシド。その繰り返し。どうして黒鍵が出っ張ってるんだ? 如何にも押して欲しそうじゃないか?

あれは、重要なんだ。黒鍵の両隣の白鍵は、全音のインターバルだからだ。

暗黒美無王

暗黒美無王の謂。

"エディタに拘らないで、何に拘るんだ?"

まったくその通りだ。Vimがあれば、機械に好きな命令が出来る。ツイッターも出来る。ルールに従えば、思考と視線移動と指が同期する。

これぞ、まさに、人機一体。

そしてエコシステムの沼にはまり、OSSでイシューを上げることになり、なんなら直すことになり、進捗は出ない

誰か……助けて……助け……。

あっぷる

あの、Thinkpadのへんな赤いまるが人間工学的に最高速度というのは、承知で🐱はMacBook Proを買った。画面が広く、美しいからだ。

散々悩んで、スタッフにご迷惑をおかけした旨お詫びすると、"お買い物を楽しんでくれてありがとう"だってさ。

新しいiPad、いいですねえ。美しい。彼らはずっとアラン・ケイを追っています。憧れているんでしょうね。兵站が整えば、またあっという間に驚くような世界にしてくれると思いますよ。

スティーブ・ジョブズは、仕事を残さなかった。

ホスピタリティ

要するに、デザインとはホスピタリティだと🐱は思うんだよ。

その意味で当サイトも🐱もホスピタリティが足りていない。

こんな話があった。一流ホテルのボーイ(ポリティカリィかな?)に"お待たせしてごめんなさいって英語でどう言うの?"と問うたら、こんな答えが返ってきた。

"そのような概念がないので、そのような言葉はありません。私たちは、お待たせしません"

結びに

関東大震災において、わたしたちを救ってくれたのは駅員さんだと信じて疑わない。

午前2時、丸ノ内線を動かしてくれた事をわたしは生涯忘れないだろう。"えー、あー行けるところまで、行きます"だってさ。

あの大災害の最中に、呑気かな? 流石は元官だよ。有事を軽々とコントロールしやがった。でも、これはまた、べつの話。

読んでくれてありがとう。やーっと、あのポエムが書けるよ。

My pleasure.
My honour.
see ya soon.
Your faithful 🐱