Help us understand the problem. What is going on with this article?

vimrc 読書会の学習効率を上げるある 1 つの Tips

More than 5 years have passed since last update.

本記事は Vim Advent Calendar 2013 の 178 日目です。
177 日目は @manga_osyo さんによる、Web から素早く :help するサイトつくった でした。

たった一つの、とまで尊大なことは言えないですが、便利に使えるであろうある Tips を紹介します。実は windows の Vim ではデフォルトで設定されている機能だったりします。

未知のオプション

他人の vimrc やプラグインを読んだり、読書会に参加していると未知のオプションや関数に出会うことは少なくないでしょう。そんな時は必殺 KK です。

設定

windows 以外をご使用の方が何も考えずにこの必殺を発動させると爆死します。爆死はしないですが、何も便利ではありません。

K は何かというと、カーソル位置のキーワードをプログラムで調べるという機能です。

:help K

このプログラムに何が使われるかというと、'keywordprg' オプションで指定された値が使われます。

:help 'keywordprg'

そしてこの 'keywordprg':help を設定する (windows では規定値) と、K で help がひけてしまうのです。

例えば autocmd を利用して、vimrc を開いた場合は K で help が引けるようにしておくといいかもしれません。

.vimrc
augroup set_kp_help
  autocmd FileType vim setlocal keywordprg=:help
augroup END

補足

カーソル下のキーワードを拾うという特性上、正確に help が引けない場合もまれにあります。幸いなことに先日、そういった内容も取り上げて頂いているので参照ください。

:help する Vim の operator かいた - pockestrap

また K は visual モードでも使えるので、対象のキーワードを選択して K を押すことでも対応できることがあります。

余談

上記でも何度か用いていますが、@manga_osyo さんの vim :help サービスがオープンしました。

いつでもどこでも :help する - Vim :help

このビッグウェーブに、各地では早くも盛り上がりを見せています。

いつでもどこでも Emacsから :help する - Life is very short

Big Sky :: いつでもどこでも Vim から :help する

ほんとはこの流れに乗りたかったのですが、アイデア力も技術力も乏しく、残念ながら空気を読めない形になってしまいました。ごめんなさい…ヒッ


以上 Vim Advent Calendar 2013 178 日目の記事でした。次回 179 日目は @supermomonga さんです。

s_of_p
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした